当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

twitter

無料ブログはココログ

日記

2021年9月15日 (水)

マイブーム 古代中国

 ある日突然。論語を読もうと思った。「麒麟がくる」でも「青天を衝け」でも、いにしえの日本では幼い子すら論語をそらんじていたではないか。でもちょっと調べたら、当然のことにオリジナル漢文じゃん。「レ点」「一二三点」なんて音の響きがよみがえるのは約半世紀ぶりの脳細胞。無理無理。「読み」と「解説」付きのやさしいバージョン本を次回帰国時に買うことにした。
 そういえば以前、三国志も読み始めて第一巻を買ったままだった。  
 で、読まずに見ちゃうのだと動画を探し。「一見アニメ三国志」大作7時間を見終わった。なるほど。
 で、大泉洋主演の映画「新解釈三國志」も見た。わはは。
 で、1話約45分の本家中国歴史ドラマ「三国志」日本語吹替版を見始めて今日で27話。まだ諸葛孔明が出てこないので、何話まであるのかと思ったら最終話は95話だって・・・・。人生の4日間を「三国志」に費やすんだ、私・・・悠久の時が流れてゆく~。

 にしても何故に今、古代中国マイブーム到来? 

Sekitoba 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2021年1月28日 (木)

2020年12月~2021年1月16日 新コロナ禍下の日米入出国

 12月3日~1月16日、日本に行きました。既に日米ともに新コロナ対応は変わっているので参考にならなりませんが、自分用の記録として書いておくことにします。

 知りませんでしたが、行きの12月3日のANAサンフランシスコー羽田直行便は就航記念第一便だったそうで、搭乗前にSFO業所長の挨拶がありました。機内はガッラガラで、3人掛けシートの5列分に私一人でした(15席中1席だけということ)。
 羽田の入国は新コロナ対策で面倒でしたが、それも早朝4時半着の便だったので日中は3時間かかるというところが1時間くらいで済みました。ウイルスチェックはもちろん陰性。
 それから日本国内で2週間の自宅待機。といっても公共交通機関を使わなければ、徒歩や自家用車ならどこへ行っても(買い物も食事も)かまわないというゆるさ。けれど2週間毎日「自宅」管轄の保健所に「健康状況の報告」をします。当初は電話がかかってきたのでメールに変えてもらい、さらにウェブサイトで自己申告する方法に変えました(最初からそういってくれればいいのに)。

 滞在中にイギリスで変種ウイルスが出てふたたび世界が震えあがりました。日本はアメリカより一足先に入国制限開始。予定より早めに帰国してしまってよかったという状況でした。
 追ってアメリカも、1月26日からは入国に搭乗前3日間以内のPCR検査と帰米後数日以内のPCR再検査(ともに自費)が義務付けられるというので、用事は完全に済まなかったのですが16日のANA羽田-SFO便で帰米。行きと違って前後の列にも乗客はいましたが、それでも隣り2席が空席なのでエコノミーでも身体はラクラク。
 米国入管はPCR検査はもちろん指紋採取すらなく(衛生上?)早く空港から出て行けとばかりの簡単さでした。26日以降は大変になっていると思いますが。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年7月 6日 (月)

自家製プラムジャム・プラムソース・プラムジュース

ありがたいことに実のなる木が多い。バレンシアオレンジ、巨大レモンのなるレモン、成長の遅い日本みかん(薩摩?)、役に立たない巨大渋柿、甘くならないプラム、年々甘くなくなり野生化する白桃、そして甘いけれど短期間に大量の実が熟すプラム。
6月~7月にかけての10日間ほどは、甘いけれど短期間に実を落とすプラムとの闘いの日々であった。昨年などはこの時期に私が日本へ行っていたため、夫に放置された庭は悲劇の様相になっていた。毎日毎日、拾っても拾ってもたくさん落ちてくる。落ちた衝撃で半分以上はつぶれて捨てるしかない。半日で地面にプラムの水玉模様ができる。片づけないと腐る。木が高くなり過ぎたので、落ちる前に収穫もできない。そして庭ゴミのコンテナーの中ではプラムワインの製造が始まっていた・・・(◎_◎;)

Img_1113_20200708122501Img_1078_20200708122601
で。今年はCOVID-19で家にこもっていることもあり、形をとどめて無事な実だけを集めてプラムジャム、プラムソースを作り続けた。毎日1kg。保存瓶・メイソンジャーを使い果たして終了。急に思いたったうえ、プラムの時期が短いため、アマゾンで買っている時間もなかったのだ。

締めくくりはプラムジュース。以下、自分のための備忘録。

プラムジャムまたはプラムソース
プラム1kg ケーンシュガー250g
 プラムは丸ごとルクルーゼの鍋に入れて砂糖をかけ、穴あきおたまでつぶしながら15分間煮る。
前半、アクがたくさん出るので、丁寧にすくう。
アクがなくなる頃には、種は自然に外れているので、とる。
煮沸消毒は面倒なので、熱湯消毒しただけのメイソンジャーに詰める。
※1回目にレモン汁を加えたら酸味が強くなり過ぎたので、2回目以降は入れなかった。

Img_0965_20200708121701Img_1144_20200708122201
プラムジュース
プラム2kg 氷砂糖1kg(1袋) 焼酎(以前はジンで作った)400cc
梅酒用の5kg保存瓶を熱湯消毒して、プラム、氷砂糖、焼酎の順に入れて蓋をする。
冷暗所に保管(クローゼットに入れた)。たぶん2週間くらいで実を取り出して冷水で割って飲む。

 人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年4月22日 (水)

シリコン谷のCOVID-19日誌


3月16日籠城(自宅待機ともいう)開始。

4月10日アメリカのスーパーに買い出し。お客の半数くらいがマスク。レジの前に6フィートの線が引かれていて、キャッシャーに呼ばれるまで進んではいけない。マイエコバックはすでに持ち込み禁止。

4月22日(本日)日系スーパー「ニジヤ」に買い出し。入店制限で入口横から6フィート毎の線が引かれ、離れて立って順番待ち。先頭に来ると店員から消毒済のカートを受け取り、客が1人出てきたら入る。すべての人がマスクと手袋。


帰宅後、靴は車で脱いで屋外に出し、裏返して3日間日光消毒。
荷物はキッチンの入口(屋外)に並べる。
幸い我が家はガレージにシャワールームがあるので、手洗いうがい後シャワー。着替えとバスタオルは出かける前に準備してある。
シャワーから出たら脱いだ衣類とマスク、手袋を洗濯機(ガレージにある)に放り込んで洗濯開始。
スーパーの袋は外に並べたまま、中身を家の中に取り込む。その際、できる限りパッケージは外して捨てながら冷蔵庫などに収納。
あー、めんどうだけど、これがニューヨーク式(ここはカリフォルニアだけどね)。
人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年11月23日 (土)

巨大レモンのなる家

うちの子は何でもよく育つようで

巨大レモン 続報

 今年も巨大レモンの季節になった。年々その数は増え、相変わらず木のてっぺんから、今年は10個以上は巨大化している。これまた変わらず、木の下の方は普通のレモン。ちょっとした御礼や手土産にすると、珍しさから大変喜ばれ、それなりに役に立っている。

大きさ比較で普通のレモンに加勢して珠(タマ)様ご登場。
本来にゃんこは柑橘系が嫌いなはずだが、珠様はへっちゃらだい。食べはしないけど。

Img_0299

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年9月24日 (火)

おばちゃんiPhone6sPlus物語

 毎年9月はアップルユーザーわくわくの新機種発売月。型落ち専門ユーザーのおばちゃんも、旧モデルが安くなるのをわくわくウォッチ。2019年は、あわよくば256Gをゲットしたいともくろんでいたのだが、2年半のお付き合いになるiPhone6sPlusさん、バッテリーの交換時期になった。

 iPhone6sPlusは2015年9月に出た機種。けれどちょっと面白い旅をした個体で、私の手元に来たのは2017年1月だった。忘れもしない2017年元旦。前年12月から日本の母の入院に際して帰国していた私は、アメリカのiPhone5sを実家で水没させてしまった。あら、困った。帰米したら使える携帯がない。まさかと思ってヤフオクを検索したら、超ラッキー。アメリカで買って1年間使って帰国した方が、at&t(アメリカのNTTみたいな電話会社)キャリアのiPhone6sPlusを出品していた。日本でこれ買う人、まずいないだろうということで、64Gながら破格。ありがとうございます、買いました。使用感ほとんどなし、おまけにおばちゃん好みのシャンパンゴールド。5sからシムカード入れ変えればいいのよね。でも不安だわ、で、日本のアップルサービスにコンタクト。たぶん固定電話からだったと思うけど、もしかしたらPCのライブチャットだったかもしれない。それはともかくとして、手取り足取り丁寧に日本語で(当たり前だけど)誘導してくれ、水没した5sにさわることなく、中身丸ごと6sPlusに移すことができた。アップルジャパン、お見事!

 3倍の64Gになるは、老眼にうれしい大きなスクリーンサイズになるは、おばちゃんホクホクの水没乗り換えであった。

 時は経ち。今やスマホが256Gという時代になっていた。124Gでもいいけど、PC進化と同じできっとすぐに足りなくなるんだわ。今年の世代は11。いや、新世代でなくてもいいのよ、8Plusでも。というところで、冒頭に戻る。バッテリーの交換時期が来た。

 これを機に世代交代してもいいけど、6sPlusはバッテリーを換えてから手放そう。思い立ったが吉日、めったに行く機会がないので、奮起してStanfordのアップルストアまで行ってみた。おおお。かなりな浦島さんだったのね、おばちゃんは。そこはでも「私、知ってるわよ」を装い「バッテリーの交換時期なのよー」と依頼完了。待つこと1時間以上。予定時間を30分近く過ぎて、やっと名前を呼ばれた。

「お待たせー。いろいろあってね、新しいのに交換するね」ビックリしていろいろの部分はよく理解できなかったのだが、何らかの理由でバッテリー交換ができなかったので6sPlus丸ごと交換になった。支払いはバッテリー交換代金として$47。

 日頃の行いがいい、私?

 ヨドバシカメラで買った1000円くらいのゴリラガラスの保護シートは古い6sPlusとともに回収されちゃったけど、ま、いいか。
 帰宅後、検索してみたら、なんらかのリコールに該当してたのかもしれない。行く前に自分でシリアルナンバー検索したときは、無償交換等に該当なし、って出たんだけどね。もう手元にないので調べようがない。

 というわけで本日、2019年9月、世は新世代11と沸いているときに旧世代新品6sPlusを入手して、喜んでいいのか、ウン、とりあえずは喜んでおこう。また来年9月のワクワクを待とうかね。

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年9月11日 (水)

安部譲二さんのこと

 安部譲二さんが先月お亡くなりになったことを知らずにいた。もう1カ月以上前になる。日本にいればテレビや新聞の訃報に触れたのだろう。知るのが早かろうが遅かろうが、私にとっては深く重い訃報だ。知り合いではない。お会いしたことはない(たぶん)。けれど不思議なご縁はあった方だった。それも見事なまでに間接的なご縁なので、ファンの一人が「サインもらったことがあります」というより薄いつながりではある。けれど私だけが把握していること、なので、なんだか書いておかなければという気持ちに駆られてしまう。

 学生時代、麻布ロブロイというライブハウスに通い詰めていた。麻布ロブロイは伝説のライブハウス「青山ロブロイ」の後継店で、安部さんの元夫人・遠藤さんの店だった。当時はそんなことは知らなかった。たぶん安部さんはまだ塀の中の時代で、本も世に出ていなかったし。粋でいなせでアンニュイで謎めいた美人ママの遠藤さんは、女子大生にとっては近寄りがたかった。けれど私の半年先輩にして友人のCさんは遠藤さんと気が合い、懐に入り込んでいった。私にはそんな器量はなかったが、ロブロイとそこに集まるミュージシャンたちが大好きだった。

 女子大生がロブロイ通いに熱をあげていた頃、実は従姉が当時の安部夫人だったことを、のちになって知ってびっくり。従姉は安部さんとの結婚を親(私の伯父伯母)に反対され勘当状態だったので、彼女の消息は不明、となっていたのだ。遠藤さんはそんな前夫の若い後妻である従姉の面倒をよくみていたそうで、たぶん従姉も麻布ロブロイに出入りはしていたかもしれない。すれ違い、その一、だ。

 すれ違い、その一、ということは、その二もあるわけで。やがて女子大生は社会人になり、内幸町で花のOLの後、転職。瀬田のスポーツコネクションという、ハイソなスポーツクラブの事務職に就いた。そこに、京都のええとこボンボンが家を飛び出し六本木のカリスマ的黒服で鳴らした後にスポコネを立ち上げた伝説的スタッフの一人、というクセの強い営業部長がいた。お互いジャズが好きということで、その頃はもう閉店してなくなっていた麻布ロブロイに学生時代に通い詰めた話をしたら、ロブロイママの遠藤さんは京都生まれの営業部長のご近所さんで幼馴染だった。それで同時期に麻布ロブロイに通っていたことがわかり、お互いびっくり。ロブロイで居合わせた可能性もかなりあったので、すれ違い、その二。

 うん。安部さんというより ex wives とのつながりが、不思議な線でつながっている。
 遠藤さんお気に入りだったCさん、幼馴染の営業部長は、それぞれにお酒が好きで早世してしまった。
 安部譲二さんは、傍から見る限りは多彩に人生を謳歌されて先月、83歳で鬼籍に入られた。
 従姉とは帰国のたびに行き会っている。遠藤さんとは現在、フェイスブックでつながらせていただいている。従姉と遠藤さんに、遠くからひっそりと、心よりのお悔やみを申し上げます。

 

 

2019年5月14日 (火)

UC Riverside川柳太鼓 Presents いってきます「突撃せよ」「菜の花」

 22歳男子学生が、夜の練習中に車の窓を割られながらも打ち込んだステージから動画2演目(この他、締太鼓、当り鉦、何故かピアニカと不思議なダンスも披露)。バチを持ってまだ8カ月。よく覚えられたものだと、暗譜が苦手な母は思う。片道8時間(車)かけて行った甲斐のある「いってきます」であった。3月にも書いたが、大学1年~4年生(5年生もいるかも)約30名のメンバーのうち日本語ネイティブは息子だけ。ワイン樽で作った太鼓。

Senryu Taiko Presents: Ittekimasu (いってきます)
http://2010.senryutaiko.com/2019/04/posts/performance-posts/ittekimasu-senryu-taikos-12th-annual-spring-concerthttps://www.facebook.com/events/2250411404981641/

 

 

 

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年2月10日 (金)

巨大レモン 続報

フロントヤードのレモンの木の、てっぺんから5個くらいのレモンが尋常でない大きさと書いたが

うちの子は何でもよく育つようで」

Img_0209_2

高すぎて三脚乗っても届かないので放置していたら、今日、風雨で1個、落ちていた。あらまあなんと、さらに記録更新の巨大レモンに育っていた。
真ん中が「普通サイズレモン」。
左が最初の記事の写真の「大玉グレープフルーツ大レモン」。。
右が「猫の頭より大きい、小玉スイカ大レモン」

Img_0210_2では、蜂蜜レモンゼリーにでもするべえと、切ってみたら。半分以上が皮ですわ。でも普通レモン3個分くらいのレモン汁がとれた。


Img_0207_2

10年前くらいに書いた気がするが、我が家のバックヤードの渋柿は「猫の頭ほどになる」。その柿の木から真西のフロントヤードにあるレモンの実は、「猫の頭より大きくなる」。なんか気脈でも通っているのかいな?
 

人気ブログランキングへ      

ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年2月 2日 (木)

うちの子は何でもよく育つようで

 12年目で屋根より高くなった我が家のレモンの木、今冬から数に困らないだけの収穫ができるようになった。のはいいんだけど、てっぺんから順に5個までが巨大! 大玉グレープフルーツかと見まごうほどの巨大さ。まだ食べてないので味は不明だが、ある朝1個が落ちていて、中を半分食べてた剛の者(たぶんハクビシン)がいて、さらに驚いた


Img_0122Img_0124Img_0125



人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧