当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

twitter

無料ブログはココログ

american life

2022年11月 6日 (日)

Pittosporum 和名トベラ(扉)またはシマギリ(海桐)

 

最近iPhoneで画像検索する技を覚えた。植物の名前がわかってスッキリする。18年間謎だったバックヤードの大きな木は Pittosporum 和名トベラ(扉)またはシマギリ(海桐) と判明。古来日本では節分のときに戸に挟んで魔除けにしたことから「トベラ(扉)」というそうだ。

 家の東側に4本あったけれど大きくなりすぎて管理できないので昨年3本伐採してしまった。一番大きくなった1本が残っているが、来年あたり大々的にトリムする予定。夏は日影を作り、365日マジカルパワーで家を守ってくれていることに、あらためて感謝。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2021年8月 5日 (木)

シリコン谷の下水事情

 シリコン谷に移住してビックリしたことの一つに、下水の詰まり、がある。日本では数件の戸建てとたくさんのアパート住まいをしてきたが、幸い下水が詰まって困った記憶は一度もなかった。渡米後2年間は借家住まい。その間にあちこちの友人宅の被害を聞いて「ふーん」と思っていたら、2004年から住んでいる今の家では、詰まった。2011年、2013年、2016年、数年おきの恒例行事化した。そのたびにプラマー(配管工)を呼び、ガランゴロンと大音量で送り出されるブラシ付き内視鏡みたいな大道具(Drain Cleaner)で「通して」もらう。 2016年は「(Drein Cleanerが)これ以上先に入らないのはおかしい。(植物の)根詰まりしている」となり、敷地内の下水管をつなぎ目(そこから根が入り込む)のないシームレス管に交換。$7500。

 「これでもう詰まらないよ」といわれた翌2017年、でも詰まった。それはおかしい。そのはずで、詰まっていたのは敷地外、公道の下に埋まっている市の下水管が詰まっていた。市に電話、ほどなく市の専用車両が来て、プラマーより大型のガランゴロンであっという間に「通して」くれた。思うに、詰まっていたものを押し出したらしい。ふーん。
 4年後の今年5月、詰まった。慣れたもので、最初から市の下水管と見極めて電話。市の専用車両が来てガランゴロン。

 市の下水管の詰まりの原因は不明。敷地内同様、生命力の強い街路樹の根が入り込んでいる可能性はある。

 と思っていたらネットで見つけた日本のトイレ詰まりのポスト。今は閲覧不可なので元ネタはご紹介できないが、戸建ての家で原因不明のトイレ詰まりがあり、来てもらった業者が帰り際に「もしかしてCOSTCOのペーパー使ってませんよね?」と聞き、1か月前から使い始めたCOSTCOのトイレットペーパーが原因と判明したという話を読んだ。COSTCOの紙は溶けにくく、安くても日本製のトイレぺなら詰まらない、というような話だった。
 そういえば、日本のトイレぺは濡れた手で触ると融けちゃったっけな。そういえば、アメリカのトイレぺは濡れた手で触っても融けないな。それってCOSTCOブランドのトイレぺがNGなんじゃなくて、アメリカ製のトイレぺが溶けにくくて詰まりの原因になる、って話のような気がする。

 ということは。市の下水管詰まりの原因も・・・・・?

 時代をさかのぼって、昔の下水事情など。我が家は1950年代の新興住宅地だったエリアの1軒で、バックヤードにタタミ3畳くらいの謎のコンクリートエリアがある。どうやらこれはかつての浄化槽跡らしい。なんで道と反対側のバックヤードに? なんだが、それが一般的だったらしい。中は空洞なんだろうか? 知りたくないな。 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2021年1月28日 (木)

2020年12月~2021年1月16日 新コロナ禍下の日米入出国

 12月3日~1月16日、日本に行きました。既に日米ともに新コロナ対応は変わっているので参考にならなりませんが、自分用の記録として書いておくことにします。

 知りませんでしたが、行きの12月3日のANAサンフランシスコー羽田直行便は就航記念第一便だったそうで、搭乗前にSFO業所長の挨拶がありました。機内はガッラガラで、3人掛けシートの5列分に私一人でした(15席中1席だけということ)。
 羽田の入国は新コロナ対策で面倒でしたが、それも早朝4時半着の便だったので日中は3時間かかるというところが1時間くらいで済みました。ウイルスチェックはもちろん陰性。
 それから日本国内で2週間の自宅待機。といっても公共交通機関を使わなければ、徒歩や自家用車ならどこへ行っても(買い物も食事も)かまわないというゆるさ。けれど2週間毎日「自宅」管轄の保健所に「健康状況の報告」をします。当初は電話がかかってきたのでメールに変えてもらい、さらにウェブサイトで自己申告する方法に変えました(最初からそういってくれればいいのに)。

 滞在中にイギリスで変種ウイルスが出てふたたび世界が震えあがりました。日本はアメリカより一足先に入国制限開始。予定より早めに帰国してしまってよかったという状況でした。
 追ってアメリカも、1月26日からは入国に搭乗前3日間以内のPCR検査と帰米後数日以内のPCR再検査(ともに自費)が義務付けられるというので、用事は完全に済まなかったのですが16日のANA羽田-SFO便で帰米。行きと違って前後の列にも乗客はいましたが、それでも隣り2席が空席なのでエコノミーでも身体はラクラク。
 米国入管はPCR検査はもちろん指紋採取すらなく(衛生上?)早く空港から出て行けとばかりの簡単さでした。26日以降は大変になっていると思いますが。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年11月12日 (木)

日印猿蟹問答

 初夏のプラム以来、可もなく不可もない、新コロナStay at homeが続いている。庭のモミジは赤くなり、今秋もまた大型渋柿がよい色加減になってきた。今年は裏年で数が少なく、サイズも例年の半分くらいの大きさなので「巨大渋柿」は返上して「大型渋柿」。それでも「大きい!」と驚かれるのだけど。

柿 2007年
https://emico.cocolog-nifty.com/21/2007/12/post_67fc.html

柿 2008年
https://emico.cocolog-nifty.com/21/2008/02/post_a512.html

柿 2009年 この頃から干し柿はギブアップしたんだと思う
https://emico.cocolog-nifty.com/21/2009/12/free-43fa.html

おまけ 巨大レモン篇
https://emico.cocolog-nifty.com/21/2019/11/post-864947.html

おまけ プラム豊作
https://emico.cocolog-nifty.com/21/2020/07/post-3f885e.html

 今年初めて干し柿を作ってうまくいったという友人に、上記のような我が家の柿物語をしたところ、欲しいというので、今朝は一人柿狩り。
 この柿の木、バックヤードの隣家との木塀脇にあって、切っても切ってもぐんぐん育ち、隣家には毎秋、落ち葉と渋柿の落下で迷惑をかけている。隣家は5年ほど前にオーナーが変わり、今はインド人ファミリーが住んでいる。普段は人の気配がなく、週に一度庭師の仕事の芝刈り音が聞こえてくる程度。

 ということで塀の手前に三脚を立てて隣家が丸見えの高さに登って、猿蟹合戦の蟹さんのように柿の実と格闘していると。いつのまにかインド猿、失礼、インド人おじさんが眼下に来ていて声をかけてきた。

「ハロー 柿だね」「ええ、でも渋柿なの。甘くないのよ」「僕は好きだよ」なんて会話をしていると。

 猿と蟹の間を隔てている高さ2メートルほどの木塀の上を「いつものように」タマちゃんがトコトコと渡ってきて、私の前で止まった。

 猫 「なー(かあちゃん)」

大和蟹「うちの猫です」

インド猿「タマ。家の中まで遊びに来るよ」

 なんと。おじさんが即座にタマちゃんの名前をいった。(-ω-)/ (-ω-)/ (-ω-)/

 恐縮した大和蟹はインド猿に、とったばかりの固い渋柿を数個あげましたとさ。

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年1月 9日 (木)

The Cathedral Basilica of St. Joseph

Img_0534s
Img_0543


 The Cathedral Basilica of St. Joseph (San Jose) 平日昼の普通のミサに参列。洗礼は受けていないが、高校・大学がカトリックのミッションスクールだったので、カトリックのお聖堂(おみどう)に入るととても心安らぎ落ち着く。

https://www.stjosephcathedral.org/

 

Img_0542

 アメリカンの友人が電車で行くというので、初めてClipper Card (スイカに似たチャージ式交通カード)を使って、行きはカルトレイン、帰りはライトレイル。車で行くより時間はかかったけれど、駅員さんや運転手(!)乗務員さんと話をしたりで、遠足のように楽しいフィールドトリップになった。

 喪中なので日本にいたら神社への初詣はしていない。これで今年は「息災の米粒」も付けていただけたはず。

http://akanegumoasuhe.blog88.fc2.com/blog-entry-728.html

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年11月23日 (土)

巨大レモンのなる家

うちの子は何でもよく育つようで

巨大レモン 続報

 今年も巨大レモンの季節になった。年々その数は増え、相変わらず木のてっぺんから、今年は10個以上は巨大化している。これまた変わらず、木の下の方は普通のレモン。ちょっとした御礼や手土産にすると、珍しさから大変喜ばれ、それなりに役に立っている。

大きさ比較で普通のレモンに加勢して珠(タマ)様ご登場。
本来にゃんこは柑橘系が嫌いなはずだが、珠様はへっちゃらだい。食べはしないけど。

Img_0299

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年11月20日 (水)

アメリカの遺言・相続 Living Will & Trust

 さすがのシリコン谷も暖房を入れる季節になった。2002年に渡米してきた頃はまだ Spare the Air なんてなかったので、外に出ると家々で使う暖炉の薪が燃える香が漂ってきたものだ。

 さて。我が夫婦は今月やっと今さら Living Will & Trust を作成。息子が中学生(今、大学生)のときに「永住なら作るべき」と聞き、その後も事あるごとに「早く作った方がいい」といわれ続けてきた。けれど英語が不自由な夫婦なので、日本語でお願いできる弁護士をずーっと探し続けて幾年月。ファイナンシャルプランナーに紹介いただいた方はサンフランシスコだったり、サウスベイだけれど育児休暇中だったり。実は費用もきつかったので、逃げて倒していた。そこへ2年前のこと、tax SOS で駆け込んだ 山本法律事務所 をみつけてあった。

https://yamamotolaw.pro/

 法律事務所という名前ながら会計事務所でもあるので TAX ファイルも依頼できる。そのため12月~5月はタックス・シーズン。私もできれば7、8月がすいているといわれていたのだが、急な日本行などがあって11月になってうかがった次第。-

 近くて便利だし、ボスの山本さんの他、アシスタントも日本人女性。足を運んだのは2回だけで、あとはメールのやりとりで短期間で作成完了。一般的に Living Will & Trust はセットで相場$3000ー$4000と聞いていた費用も、我が家は子供一人・離婚再婚ナシで単純ということもあってずっとお安かった。

 今回話をうかっがてみたら、昔聞いていた話とだいぶ事情(法律)が変わっていた。素人の口コミを鵜呑みにせず、不安な点は専門家に確認するのがベストだね。周囲から Will だけでも作るべき、いやTrust だけでいい、などといわれていたが、やっぱりセットで作っておくべきと実感。

 つけ足しておくと、もし息子がアメリカで結婚したらすぐに新婚夫婦の Living Will & Trust を作らせたいと思う。それがアメリカンファミリーのスタンダードらしい。

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年10月 4日 (金)

Farafel Stop

 本日は地中海方面に強い友人にお願いして、一人で行けない(=注文できない)イスラエル料理のファストフード店に。

 Falafel Stop それなりに広い駐車場が11時半を過ぎると満車になるという人気の店だ。入口で、まずベジタリアンメニューを見て、注文はファラフェルサラダに決定。大好きなピタパンがサイドにつく。ピタの中に詰めてもらうメニューもあるが、食べにくいので別々がいい。
Farafel Israeli salad, hummus, pickles, sauerkraut, baba ghanoush, 10 falafel balls and tahini sauce.

 長蛇の列になる寸前の「中」に入り、レジでオーダー、支払。レシートを持って先ほどのメニューのあった「窓口」に行く。レシートを渡すと、スパイシーでいいか、持ち帰りなのかを聞かれる。友人は玉葱抜きだったが、私は全部入れてもらい、持ち帰り(to go)に。

 家に帰っていただく。ここで私は大きな勘違いをしていたことを知る。べジーなはずなのにミートボールのフライみたいなのが乗っている。「これは?」と聞いた私に,友人は困惑した顔で「ファラフェル・・・」。知った顔でファラフェル行きたいっていったのはアンタでしょうに、の展開。あはん、ハマスをファラフェルと思っていたわ。

 $10でおつりがくる、今どきのシリコン谷ではありがたいランチメニュー。多彩な野菜たっぷり。ひよこ豆は栄養豊富でヘルシー。ボリュームがあって、私の場合は半分食べればもう満腹、これで2食はカバーできる。

 注文の仕方を忘れないように書いておこう。そのつもりじゃなかったので、写真はないです。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

2019年9月30日 (月)

追記あり おばちゃんとフォードとウーバー

 私の大事な大事なマスタング。最近は近距離専門の8気筒GTではあるが、大事なのでオイルチェンジも奮発してフォードに出している。最寄りのフォードは、ぎりぎり徒歩圏。なのでいつも納車後は、送迎サービスで家まで送ってもらい、2時間ほどしたら健康のため40分歩いて車を取りにいくパターンを10年くらい続けてきた。
 今日も今日とてサービス部門に納車後、いつものように事務所のお姉さんのところへ行くと「ウーバー呼ぶ?」といわれた。「へ? 送迎サービスないの?」「ウーバーになったの」「(ウーバー)自分で払うの?」「いいえ、こっちで払うから、何もしなくていいよ」「じゃ、お願い」。PCにカタカタ入力。ウチの住所で依頼してくれて「テキスト来た?」。携帯を見ると、ウーバーからのテキスト。
 実は何を隠そう、おばちゃんウーバー初めてでんねん。「ナンバープレートXXXXのプリウス」を待つこと数分。赤いプリウスだったのがちょっと意外。そして(当然のことながら)なーんにもいわなくても我が家の前まで行ってくれて、降りた。うわー、かんたーん!

 おかげさまで尻込みしていたウーバーデビューを果たせたオバチャンではあるが。フォードのようなアメリカの顔的老舗自動車メーカーが、自社の車での送迎サービスをやめてウーバーかい! 車は売るほどあるけれど、人件費かけられる時代じゃなくなったというお話。

 このお話、続きがありまして。その後いつものように40分歩いて車を取りに行ったのだが。サービス部門のおじちゃんが満面の笑みで出迎えながら「何べんも電話したんだよー!」「え?」「リモートロックがなくて作業できないんだよー」。2006年のアメ車、キーとリモートロックが別々。預けるとき、キーホルダーからキーだけはずして取ったのはおじちゃんだ。「リモートいらないの?」「いらないよー!」って断言したのもおじちゃん。だあからあ、いったでしょ、って母ちゃんはいいたいけど、悪者は英語不自由なおばちゃん。

 結局、車はフォードにお泊り。明日また40分歩いて迎えに行く。けれど今日はもうくたびれちゃったから、送ってほしいおばちゃん。「いいよー、ウーバー呼ぶよー」おお。人生初にして、日に2回もウーバっちゃう。2回目は白いサイオン、ヒスパニック系女性ドライバー。車内にはラティーノチャンネルが流れ、カーナビもスペイン語。女同士だし、すんごい慎重な運転で、安心感2倍。

 サイオンの中ではたと気がついた。何故リモートロックがないと作業できないのか。今回もオイルチェンジだけでなく、定期点検を頼んだ。きっとそれにはトランクを開ける必要があったんだろう。昔のアメ車には、トランクがリモートでしか開けられない仕様が多かった。運転席のまわりのどこかにトランク開ける装置、ってのがない。買った当初はマニュアル隅々まで探したけど、なかった。ネット検索して「そういうもんだった」と知った。それが不便だと気が付いてからやっと、車本体にもトランクオープナーが通常仕様になったという。
 フォードのおじちゃん。お兄ちゃんじゃなくておじちゃんなんだから、2006年モデルはリモートロックを預かるべしって、わかっててほしかったよ、ニッポンのおばちゃんは。

追記 また気がついちゃった。トランクは古典的にキーでも開けられるんだった。とすると、なんでリモートがないと作業ができなかったんだろう? もはや尋ねる気力はないけど。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年5月14日 (火)

UC Riverside川柳太鼓 Presents いってきます「突撃せよ」「菜の花」

 22歳男子学生が、夜の練習中に車の窓を割られながらも打ち込んだステージから動画2演目(この他、締太鼓、当り鉦、何故かピアニカと不思議なダンスも披露)。バチを持ってまだ8カ月。よく覚えられたものだと、暗譜が苦手な母は思う。片道8時間(車)かけて行った甲斐のある「いってきます」であった。3月にも書いたが、大学1年~4年生(5年生もいるかも)約30名のメンバーのうち日本語ネイティブは息子だけ。ワイン樽で作った太鼓。

Senryu Taiko Presents: Ittekimasu (いってきます)
http://2010.senryutaiko.com/2019/04/posts/performance-posts/ittekimasu-senryu-taikos-12th-annual-spring-concerthttps://www.facebook.com/events/2250411404981641/

 

 

 

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧