当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

car life

2017年7月 5日 (水)

おおきなおもちゃ

 個人のブログ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ミクシーがあって、仕事のHP、ブログ、フェイスブック、ツイッター、ミクシーがあって、適宜に連動させてるので、さて「これ」はどのツールにしようかと迷うことしきり。個人や家族の記録して残したいことは主にブログ、写真のアップはフェイスブックが便利だったが、iPhoneにしてからはインスタがもっと便利。

 今日も悩んで、やっぱりブログネタかなあ。というわけで。
 
 子どもがティーン世代になった頃から、それまでPCなど教えていた立場が逆転し、「世の中の新しい技術」を教えてもらうようになった。息子はクルマ好きな男子であったので、運転免許をとり、自分で運転するようになり、親元を離れて学生生活を送るようになったら、いつのまにかクルマもいじるようになっていた。オーディオを積み替えたり、ダッシュボードのメーターまわりを入れ替えたり、父親もしないチューンナップをスルスルしてしまう。
 フロリダに引っ越していった友人が残していってくれた1996年式レクサスSC400。息子より一つ年上のこの8Vクーペは、後部座席に立派なリアスピーカーがサラウンドで並んでいるのに、後付けのCDチェンジャーがトランクの中、カセットテープデッキは故障、もちろんブルートゥースなんてなかった。
 
                        「できたよー♪」

Img_1178

 高校時代の同級生に手伝ってもらい、、デジタルコンポーネントをインストール。後部シートからトランクにかけてすっからかんに外して配線をし、無駄に大音量のサウンドシステム完成。音楽セレクトだけでなく、前後左右の音量調整までスマホでコントロールできるって、母は知らなかったよ。
 
 調子の悪かったスピードメーターとタコメーターは(怖い話だけどね)、たまたま同年式・同モデルのパーツを売ってる人がみつかったので買って来て($150)、それは一人でちょこちょこっと入れ替えてしまった。
 
 きかんしゃトーマス(プラレール) → カーロボット(トランスフォーマー) → 忍風戦隊(トランスフォーマー) → バイオニクル(レゴ) → スターウォーズ(レゴ) → ガンダム(プラモデル) → マイカー。ああ、納得の成長記。
 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月27日 (月)

My Historical Car Gallery

並べてみると嗜好がわかる

Susie

Photo_3

Accord_32_5

 

Celica_1600gt

Sc0000

 

Menu_main2

2006_dodge_caravan_20967

20120109_002mustang2_2

 

Img_4140_2s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の1枚は未来のセカンドカー(おいおい)

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月23日 (木)

My Future Dream Car!?  マイカーシリーズ未来夢編??

え、なんだよ、このタイトルは?

Bmwi8 あれは3月のある昼下がり。友人の自宅前で立ち話をしていたら、このクルマが走ってきた。男児みたいで恥ずかしいと思いつつもこらえきれず「あのクルマ、スゴ!!」と叫んだら、すーっと友人宅に入ってきた。
「お義父さんよ......」
 息が詰まりそうなくらいビックリした。。。

Img_4140_2s 友人のお義父さん七十代、まだリタイアせず、晴れた日はこれで通勤。これ一台で、ウチの男子大学生の4年分の学費+生活費。

 BMW i8。 とりあえず、触れないように記念撮影。

 

 

Photo_4

 そうそう、このお宅のガレージには、お義父さんのデロリアンもまだいるはず。デロリアン1台をリフォームするために、デロリアンもう1台をパーツ用につぶしたというお義父さん。マイドリームカーというよりは、憧れのシリコン谷お義父さんである。写真は2013年のレースクイーン(えっ?)。

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月15日 (水)

My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編

Sc0002 番外編とおまけ編との違いが、本人にもよくわからんのだが。
息子のファースト・カー。
←これは足蹴りカー・・・・・( ´艸`)プププ

 アメリカでは高校生になるとクルマの免許をとって、アルバイトしてお金を貯めて中古のおんぼろカーを買い、またはお金持ちの子は新車を買ってもらい、通学に乗る、というようなイメージをお持ちの方が多いかもしれない。ここシリコン谷は「アメリカではない」といわれる地域で、映画で見るようなポンコツ車に乗っている高校生はほとんどおらず、過保護なアジア系保護者がピカピカの高級車を買い与えることも珍しくない。
 そんなシリコン谷の私の周囲での特徴は、女子より男子の方が免許取得年齢が遅いということ。息子さんが高校在学中にとらなかった(と嘆く母の)話をよく聞く。法的には満16歳になる数カ月前から仮免許のペーパーテストが受けられるので、計画的な女子は16歳になると同時に本免許までとってしまう。一方男子は、早く取りたいなあと思いつつ、目先の生活に追われて後回しにしてしまう。かくいう我が家の御曹司も、やっと仮免をとったのが大学1年の冬休みになってからだった(そして、まだ本免は受けてない)。

 「免許取っても乗る車がないんじゃなあ」

 というのが、彼の免許取得パッションを下げていた。新車どころか中古車だって、親は買ってあげない(買ってあげられないというのが正しい)。
Img_3868s  そこに、にわかに転がり込んできた「息子さんにあげる」話。わお。
 友人が東海岸に引っ越すことになり、夫婦で3台持っていたうちの1台をくださるというのだった。1995年式レクサスSC400、8V 2ドア。シャンパンゴールドというのが青年向きではないが、ありがたいお話である。息子によると、なんでもスープラの従兄弟にあたるような車種だそうで、たいへん喜んでいる。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月10日 (金)

My 6th Car マイカーシリーズ本編その6

 歴代マイカーシリーズ、ようやくフラッグライン。現在の愛車、フォード2006年式マスタングV8 GT クーペプレミアム、お色はウィンドベールブルー。ベタボレでございます。
 先代のファミリーワゴンは9年目にして暖房がきかなくなり、高校1年になった息子は後部席で毛布にくるまり、運転する私はフード付きジャンパーを着込んで、朝夕4キロの道のりを登下校していた。息子がマーチングバンドに入ったので、日によっては練習送迎などで、お抱え運転手状態の母は家と学校を日に4往復とか6往復とかするはめになった。やってらんないよー、けどやんなきゃならないんだよー。
 なかなか不具合の多かったファミリーワゴンで、9年経ったし、これ以上修理代は出したくない。もう子ども自転車を積んで公園遊びに行くこともない。なら。「もう婆さんになるまで買い替えなくていいから、好きなクルマに乗らせてください」と、家族に宣言したのがマスタングだった。それも丸目ランプの旧モデル。色はブルーかペパーミントグリーン。
 そして神様はちゃんと用意してくださった。
2006_ford_mustang  「息子さんの車ですか?」といわれる。いえいえ、母です。
 高校に同じ色のマスタングの男子生徒がいて、彼の車と間違えてよく手を振られた。いえいえ、オバチャンです。
 信号待ちでも、他のドライバーに手を振られる。いえいえプラチナブロンドではなく、シルバーおババです。
 マスタングは、それこそ息子と同じ年頃だった18歳の頃からの憧れだった。同窓生に当時としては珍しくクルマ通学のお嬢がいて、ハタチそこらの女子が日本では外車のアメ車のスポーツカーの真っ赤なマスタングに乗っていて、驚きと羨望のまなざしとともにMUSTANGというスペルが脳内にインプットされた。
20120109_002mustang2_2  好きなクルマででもなきゃやってらんないよ高校生にもなった息子の送迎、というときに、アウトプットとして出てきたのは、青い自動車+丸目ライト+クーペ+マスタング。まさかの移住で憧れの車もここでは国産車。日本にいたら叶わなかっただろう夢を(中古だけど)かなえることができた。夫よ、ありがとう。息子よ、君には渡さない。ばーちゃんになるまでブイブイだぜえ(時代に逆行する車で、音が大きい)。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月 4日 (土)

マイカーシリーズ番外編 My Dad's First Car

 マイカーシリーズ、番外続きます。
Photo たぶん5歳くらいの頃、我が家にやってきた初めての「自家用車」。そう、マイカーなんて、まだ言わなかった気がする。新車だったのか中古車だったのかも、小さな女児のワタシには関係ない。だって大好きな講談社のディズニー絵本『青い自動車』から抜け出てきたかと思う、かわいい水色の「クーペちゃん」だったんだもん。三角窓ってご存知か? 風量調節できて、けっこう便利な窓だった。
 ごめんなさい、写真は博物館の借り物。マツダクーペしか覚えていないのだけど、たぶんこれ。
 あれ? 家族3人乗れたけど、と思って調べたら「一応4人乗れる」というスペックだった。あの頃は若夫婦だった両親もスレンダーだったし。
 356cc、16馬力ですって。(あの時代の)園児にしてローギアだのチョークだのオーバーヒートだのというコトバを覚えたわよ。それから3、4年、家にあったと思う。そして刷り込まれた、「ウチのクルマば水色の丸目ライトのクーペ」、でしょ。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年5月31日 (火)

マイカーシリーズ番外 "wish I could own" car

 初めてのクルマが青。次のセリカは白だったけれど、以降は今日まで青系ばかり。一説によると「青い車を好むドライバーは事故が多い」都市伝説があるそうだが、私の免許レコードは日米ともに無事故無違反(ぶつけられたことはあるが、100%相手の過失で示談)。

Susie  ある日、実家でそんな「青い車は」という話をしていたとき、母がいった。「あなたの場合は小さいとき『青い自動車』大好きだったからねえ」。
 おお! そうであった。幼い私のアイデンティティーを形成したに違いない愛読絵本、講談社のディズニー絵本『青い自動車』!!
 5歳までの幼い私の目とアタマに、しっかりと刷り込まれていたのが「青い車」であり、「クーペ」であり、「おんぼろ車を再生する物語」であったのだ。
 幼い私のアイデンティティーには講談社のディズニー絵本『小さな家』『小さな郵便飛行機』も組み込まれたと思う。小さくてもいい、時代に負けずサバイブするのだ、なのかな?

 人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ  

2016年5月26日 (木)

My Fifth Car マイカーシリーズその5

 父の牡牛(トーラス)に続いて母子の生活用のもう1匹を即、手に入れるべし、のアメリカ西部入植ファミリー。言葉の不自由な国ゆえ、故障などの煩わしいトラブルを極力避けたいので、主に子どもを乗せる私の車は安心な新車を買うことにした。
 あのね、日本から赴任とかで渡米する家族の多くが、まずは中古車を買います。初めての左ハンドル右側走行とか、地理気候がわからないとか、アメリカでのクレジットヒストリーがないのでローンの利息が高いとか、優良企業だったら会社がレントで用意してくれていたりとか、前任者から譲ってもらったりとか。でもまあ最大の理由は、すぐに夫婦で2台買わなきゃならない、ってフトコロ事情かな。
 私たちはそこにさらに、メンテナンスに出した時に工場から歩いて帰れる距離のアメ車のメーカー、を条件にした。当時該当したのはフォード、ダッジの2社。でもフォードは徒歩1時間またはバス15分。バスは怖くて乗りたくないので、私の車は徒歩20分のダッジとなった。
2006_dodge_caravan_20967  さらに子どもの自転車を積めるファミリーワゴンという条件を足すと、迷う余地なく車種は「ダッジキャラバン」。母の嗜好はラベンダーブルーだったが、5歳の息子の鶴の一声でネイビーブルー。というわけで牡牛(トーラス)に続き雄山羊(ダッジのトレードマーク)が(まだコンドミニアムホテルの仮住まいに)やってきた。
 3300cc。初めてディーラーで運転席に座ったときは、トラックかと思いましたよ。こんな大きな車をアメリカで子ども乗せて運転せなならん・・・・・・幌馬車によじ登って初めて手綱を持たされたセトラー(開拓者)の母の気分やいかに。

 自慢しますが、日本では仕事の都合でレンタカーのいろいろな車種も運転したし、社員旅行でマイクロバスみたいな箱もころがした(お酒を飲めないので運転手に重宝がられた)。でもそれと、この左利きの雄山羊に毎日乗るというのはちょっと土俵が違う。いや、土地が違う。

 あ、今回長いな。

 私の5代目マイカー、ダッジキャラバンは、ちょっとハズレのメカで、年とともに点検の度に修理代がかかるようになった(新車購入だったのに)。そこにきて徒歩圏のダッジがクローズして、バス乗り継ぎでないと行けない遠くのディーラーだけになってしまった。
 とどめは暖房がきかなくなった。寒い。車内で毛布がいる。もう修理にお金と時間をかけるのはバカバカしいので買い替えることになった。5歳だった息子は14歳になっていた(ちなみに小学2年から高校卒業まで、通学送迎は母の仕事であった)。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年5月23日 (月)

マイカーシリーズ番外 夫のアメ車

 「アメ車」の文字に釣られてきちゃったらゴメン。渡米したのでせっかくだからアメリカの国産車に乗ろうということで、急いで探した1台目の中古車がフォードの1996年型トーラス。不慣れなフリーウェイで何かあっても助かるようにと選んだ、頑丈そうな「牡牛(Taurus)」である。
 アメ車はアメ車だが、シャンパンゴールドという色のためか、人間に例えるならアメリカ人のおばあちゃんといった雰囲気。日本だったら3ナンバーの大型セダンだが、アメリカじゃフツーの大きさの国産車だわ。

20101019_0012  家族三人で入植した当地・アメリカ西部シリコン谷は、群馬県のような車社会。買い物も、子ども関係も、日常のほとんどがマイカーなしでは開拓生活が成り立たない。渡米早々車を2台買わなければならなかったので、経済的な理由もあってとりあえず移住責任者の夫は中古車、毎日子どもを乗せる私には新車を買った。
 あれから早14年。いつの頃からか冷房が効かなくなったままではあるが、父ちゃんのトーラスは父ちゃんと一緒に今日もシリコン谷を走り回っている。そしてドライブウェイでは、ときどきタマちゃんのリゾート地 suncatsun (座布団は干さないよ)

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年5月20日 (金)

My Fourth Car

Menu_main2  夫の連れ子だったプリメーラが明け渡した駐車場におさまったのは「パパママ・リバティー」。私の意識では四代目に当たるマイカーである。キャッチフレーズそのままにパパママになっていたので、我が家もファミリーワゴンの時代に移行した。
 車種はママの選択。カラーの水色はママの選択。平日にベビーカー放り込んでハンドル握るのはママ。ドライブのBGMは「たのしいどうよう」「ディズニーベストアルバム」「ジブリ全集」。ほとんど「ママ僕・リバティー」であった。

 同じ日産車でも先代のプリメーラと違い、ママ僕リバティーは故障もなく絶好調。これは長く乗れるぞと気に入っていた。のだが。ここで想像だにしなかったまさかの海外移住。ママも僕もおろして、リバティーは絶好調のうちに地元日産へ帰っていってしまった。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧