当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

twitter

無料ブログはココログ

« おばちゃんiPhone6sPlus物語 | トップページ | Farafel Stop »

2019年9月30日 (月)

追記あり おばちゃんとフォードとウーバー

 私の大事な大事なマスタング。最近は近距離専門の8気筒GTではあるが、大事なのでオイルチェンジも奮発してフォードに出している。最寄りのフォードは、ぎりぎり徒歩圏。なのでいつも納車後は、送迎サービスで家まで送ってもらい、2時間ほどしたら健康のため40分歩いて車を取りにいくパターンを10年くらい続けてきた。
 今日も今日とてサービス部門に納車後、いつものように事務所のお姉さんのところへ行くと「ウーバー呼ぶ?」といわれた。「へ? 送迎サービスないの?」「ウーバーになったの」「(ウーバー)自分で払うの?」「いいえ、こっちで払うから、何もしなくていいよ」「じゃ、お願い」。PCにカタカタ入力。ウチの住所で依頼してくれて「テキスト来た?」。携帯を見ると、ウーバーからのテキスト。
 実は何を隠そう、おばちゃんウーバー初めてでんねん。「ナンバープレートXXXXのプリウス」を待つこと数分。赤いプリウスだったのがちょっと意外。そして(当然のことながら)なーんにもいわなくても我が家の前まで行ってくれて、降りた。うわー、かんたーん!

 おかげさまで尻込みしていたウーバーデビューを果たせたオバチャンではあるが。フォードのようなアメリカの顔的老舗自動車メーカーが、自社の車での送迎サービスをやめてウーバーかい! 車は売るほどあるけれど、人件費かけられる時代じゃなくなったというお話。

 このお話、続きがありまして。その後いつものように40分歩いて車を取りに行ったのだが。サービス部門のおじちゃんが満面の笑みで出迎えながら「何べんも電話したんだよー!」「え?」「リモートロックがなくて作業できないんだよー」。2006年のアメ車、キーとリモートロックが別々。預けるとき、キーホルダーからキーだけはずして取ったのはおじちゃんだ。「リモートいらないの?」「いらないよー!」って断言したのもおじちゃん。だあからあ、いったでしょ、って母ちゃんはいいたいけど、悪者は英語不自由なおばちゃん。

 結局、車はフォードにお泊り。明日また40分歩いて迎えに行く。けれど今日はもうくたびれちゃったから、送ってほしいおばちゃん。「いいよー、ウーバー呼ぶよー」おお。人生初にして、日に2回もウーバっちゃう。2回目は白いサイオン、ヒスパニック系女性ドライバー。車内にはラティーノチャンネルが流れ、カーナビもスペイン語。女同士だし、すんごい慎重な運転で、安心感2倍。

 サイオンの中ではたと気がついた。何故リモートロックがないと作業できないのか。今回もオイルチェンジだけでなく、定期点検を頼んだ。きっとそれにはトランクを開ける必要があったんだろう。昔のアメ車には、トランクがリモートでしか開けられない仕様が多かった。運転席のまわりのどこかにトランク開ける装置、ってのがない。買った当初はマニュアル隅々まで探したけど、なかった。ネット検索して「そういうもんだった」と知った。それが不便だと気が付いてからやっと、車本体にもトランクオープナーが通常仕様になったという。
 フォードのおじちゃん。お兄ちゃんじゃなくておじちゃんなんだから、2006年モデルはリモートロックを預かるべしって、わかっててほしかったよ、ニッポンのおばちゃんは。

追記 また気がついちゃった。トランクは古典的にキーでも開けられるんだった。とすると、なんでリモートがないと作業ができなかったんだろう? もはや尋ねる気力はないけど。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

« おばちゃんiPhone6sPlus物語 | トップページ | Farafel Stop »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おばちゃんiPhone6sPlus物語 | トップページ | Farafel Stop »