当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« My 6th Car マイカーシリーズ本編その6 | トップページ | My Future Dream Car!?  マイカーシリーズ未来夢編?? »

2016年6月15日 (水)

My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編

Sc0002 番外編とおまけ編との違いが、本人にもよくわからんのだが。
息子のファースト・カー。
←これは足蹴りカー・・・・・( ´艸`)プププ

 アメリカでは高校生になるとクルマの免許をとって、アルバイトしてお金を貯めて中古のおんぼろカーを買い、またはお金持ちの子は新車を買ってもらい、通学に乗る、というようなイメージをお持ちの方が多いかもしれない。ここシリコン谷は「アメリカではない」といわれる地域で、映画で見るようなポンコツ車に乗っている高校生はほとんどおらず、過保護なアジア系保護者がピカピカの高級車を買い与えることも珍しくない。
 そんなシリコン谷の私の周囲での特徴は、女子より男子の方が免許取得年齢が遅いということ。息子さんが高校在学中にとらなかった(と嘆く母の)話をよく聞く。法的には満16歳になる数カ月前から仮免許のペーパーテストが受けられるので、計画的な女子は16歳になると同時に本免許までとってしまう。一方男子は、早く取りたいなあと思いつつ、目先の生活に追われて後回しにしてしまう。かくいう我が家の御曹司も、やっと仮免をとったのが大学1年の冬休みになってからだった(そして、まだ本免は受けてない)。

 「免許取っても乗る車がないんじゃなあ」

 というのが、彼の免許取得パッションを下げていた。新車どころか中古車だって、親は買ってあげない(買ってあげられないというのが正しい)。
Img_3868s  そこに、にわかに転がり込んできた「息子さんにあげる」話。わお。
 友人が東海岸に引っ越すことになり、夫婦で3台持っていたうちの1台をくださるというのだった。1995年式レクサスSC400、8V 2ドア。シャンパンゴールドというのが青年向きではないが、ありがたいお話である。息子によると、なんでもスープラの従兄弟にあたるような車種だそうで、たいへん喜んでいる。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

« My 6th Car マイカーシリーズ本編その6 | トップページ | My Future Dream Car!?  マイカーシリーズ未来夢編?? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« My 6th Car マイカーシリーズ本編その6 | トップページ | My Future Dream Car!?  マイカーシリーズ未来夢編?? »