当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« マイカーシリーズ番外編 My Dad's First Car | トップページ | My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編 »

2016年6月10日 (金)

My 6th Car マイカーシリーズ本編その6

 歴代マイカーシリーズ、ようやくフラッグライン。現在の愛車、フォード2006年式マスタングV8 GT クーペプレミアム、お色はウィンドベールブルー。ベタボレでございます。
 先代のファミリーワゴンは9年目にして暖房がきかなくなり、高校1年になった息子は後部席で毛布にくるまり、運転する私はフード付きジャンパーを着込んで、朝夕4キロの道のりを登下校していた。息子がマーチングバンドに入ったので、日によっては練習送迎などで、お抱え運転手状態の母は家と学校を日に4往復とか6往復とかするはめになった。やってらんないよー、けどやんなきゃならないんだよー。
 なかなか不具合の多かったファミリーワゴンで、9年経ったし、これ以上修理代は出したくない。もう子ども自転車を積んで公園遊びに行くこともない。なら。「もう婆さんになるまで買い替えなくていいから、好きなクルマに乗らせてください」と、家族に宣言したのがマスタングだった。それも丸目ランプの旧モデル。色はブルーかペパーミントグリーン。
 そして神様はちゃんと用意してくださった。
2006_ford_mustang  「息子さんの車ですか?」といわれる。いえいえ、母です。
 高校に同じ色のマスタングの男子生徒がいて、彼の車と間違えてよく手を振られた。いえいえ、オバチャンです。
 信号待ちでも、他のドライバーに手を振られる。いえいえプラチナブロンドではなく、シルバーおババです。
 マスタングは、それこそ息子と同じ年頃だった18歳の頃からの憧れだった。同窓生に当時としては珍しくクルマ通学のお嬢がいて、ハタチそこらの女子が日本では外車のアメ車のスポーツカーの真っ赤なマスタングに乗っていて、驚きと羨望のまなざしとともにMUSTANGというスペルが脳内にインプットされた。
20120109_002mustang2_2  好きなクルマででもなきゃやってらんないよ高校生にもなった息子の送迎、というときに、アウトプットとして出てきたのは、青い自動車+丸目ライト+クーペ+マスタング。まさかの移住で憧れの車もここでは国産車。日本にいたら叶わなかっただろう夢を(中古だけど)かなえることができた。夫よ、ありがとう。息子よ、君には渡さない。ばーちゃんになるまでブイブイだぜえ(時代に逆行する車で、音が大きい)。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

« マイカーシリーズ番外編 My Dad's First Car | トップページ | My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイカーシリーズ番外編 My Dad's First Car | トップページ | My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編 »