当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月27日 (月)

My Historical Car Gallery

並べてみると嗜好がわかる

Susie

Photo_3

Accord_32_5

 

Celica_1600gt

Sc0000

 

Menu_main2

2006_dodge_caravan_20967

20120109_002mustang2_2

 

Img_4140_2s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の1枚は未来のセカンドカー(おいおい)

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月23日 (木)

My Future Dream Car!?  マイカーシリーズ未来夢編??

え、なんだよ、このタイトルは?

Bmwi8 あれは3月のある昼下がり。友人の自宅前で立ち話をしていたら、このクルマが走ってきた。男児みたいで恥ずかしいと思いつつもこらえきれず「あのクルマ、スゴ!!」と叫んだら、すーっと友人宅に入ってきた。
「お義父さんよ......」
 息が詰まりそうなくらいビックリした。。。

Img_4140_2s 友人のお義父さん七十代、まだリタイアせず、晴れた日はこれで通勤。これ一台で、ウチの男子大学生の4年分の学費+生活費。

 BMW i8。 とりあえず、触れないように記念撮影。

 

 

Photo_4

 そうそう、このお宅のガレージには、お義父さんのデロリアンもまだいるはず。デロリアン1台をリフォームするために、デロリアンもう1台をパーツ用につぶしたというお義父さん。マイドリームカーというよりは、憧れのシリコン谷お義父さんである。写真は2013年のレースクイーン(えっ?)。

 

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月15日 (水)

My Son's First Car マイカーシリーズおまけ編

Sc0002 番外編とおまけ編との違いが、本人にもよくわからんのだが。
息子のファースト・カー。
←これは足蹴りカー・・・・・( ´艸`)プププ

 アメリカでは高校生になるとクルマの免許をとって、アルバイトしてお金を貯めて中古のおんぼろカーを買い、またはお金持ちの子は新車を買ってもらい、通学に乗る、というようなイメージをお持ちの方が多いかもしれない。ここシリコン谷は「アメリカではない」といわれる地域で、映画で見るようなポンコツ車に乗っている高校生はほとんどおらず、過保護なアジア系保護者がピカピカの高級車を買い与えることも珍しくない。
 そんなシリコン谷の私の周囲での特徴は、女子より男子の方が免許取得年齢が遅いということ。息子さんが高校在学中にとらなかった(と嘆く母の)話をよく聞く。法的には満16歳になる数カ月前から仮免許のペーパーテストが受けられるので、計画的な女子は16歳になると同時に本免許までとってしまう。一方男子は、早く取りたいなあと思いつつ、目先の生活に追われて後回しにしてしまう。かくいう我が家の御曹司も、やっと仮免をとったのが大学1年の冬休みになってからだった(そして、まだ本免は受けてない)。

 「免許取っても乗る車がないんじゃなあ」

 というのが、彼の免許取得パッションを下げていた。新車どころか中古車だって、親は買ってあげない(買ってあげられないというのが正しい)。
Img_3868s  そこに、にわかに転がり込んできた「息子さんにあげる」話。わお。
 友人が東海岸に引っ越すことになり、夫婦で3台持っていたうちの1台をくださるというのだった。1995年式レクサスSC400、8V 2ドア。シャンパンゴールドというのが青年向きではないが、ありがたいお話である。息子によると、なんでもスープラの従兄弟にあたるような車種だそうで、たいへん喜んでいる。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月10日 (金)

My 6th Car マイカーシリーズ本編その6

 歴代マイカーシリーズ、ようやくフラッグライン。現在の愛車、フォード2006年式マスタングV8 GT クーペプレミアム、お色はウィンドベールブルー。ベタボレでございます。
 先代のファミリーワゴンは9年目にして暖房がきかなくなり、高校1年になった息子は後部席で毛布にくるまり、運転する私はフード付きジャンパーを着込んで、朝夕4キロの道のりを登下校していた。息子がマーチングバンドに入ったので、日によっては練習送迎などで、お抱え運転手状態の母は家と学校を日に4往復とか6往復とかするはめになった。やってらんないよー、けどやんなきゃならないんだよー。
 なかなか不具合の多かったファミリーワゴンで、9年経ったし、これ以上修理代は出したくない。もう子ども自転車を積んで公園遊びに行くこともない。なら。「もう婆さんになるまで買い替えなくていいから、好きなクルマに乗らせてください」と、家族に宣言したのがマスタングだった。それも丸目ランプの旧モデル。色はブルーかペパーミントグリーン。
 そして神様はちゃんと用意してくださった。
2006_ford_mustang  「息子さんの車ですか?」といわれる。いえいえ、母です。
 高校に同じ色のマスタングの男子生徒がいて、彼の車と間違えてよく手を振られた。いえいえ、オバチャンです。
 信号待ちでも、他のドライバーに手を振られる。いえいえプラチナブロンドではなく、シルバーおババです。
 マスタングは、それこそ息子と同じ年頃だった18歳の頃からの憧れだった。同窓生に当時としては珍しくクルマ通学のお嬢がいて、ハタチそこらの女子が日本では外車のアメ車のスポーツカーの真っ赤なマスタングに乗っていて、驚きと羨望のまなざしとともにMUSTANGというスペルが脳内にインプットされた。
20120109_002mustang2_2  好きなクルマででもなきゃやってらんないよ高校生にもなった息子の送迎、というときに、アウトプットとして出てきたのは、青い自動車+丸目ライト+クーペ+マスタング。まさかの移住で憧れの車もここでは国産車。日本にいたら叶わなかっただろう夢を(中古だけど)かなえることができた。夫よ、ありがとう。息子よ、君には渡さない。ばーちゃんになるまでブイブイだぜえ(時代に逆行する車で、音が大きい)。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年6月 4日 (土)

マイカーシリーズ番外編 My Dad's First Car

 マイカーシリーズ、番外続きます。
Photo たぶん5歳くらいの頃、我が家にやってきた初めての「自家用車」。そう、マイカーなんて、まだ言わなかった気がする。新車だったのか中古車だったのかも、小さな女児のワタシには関係ない。だって大好きな講談社のディズニー絵本『青い自動車』から抜け出てきたかと思う、かわいい水色の「クーペちゃん」だったんだもん。三角窓ってご存知か? 風量調節できて、けっこう便利な窓だった。
 ごめんなさい、写真は博物館の借り物。マツダクーペしか覚えていないのだけど、たぶんこれ。
 あれ? 家族3人乗れたけど、と思って調べたら「一応4人乗れる」というスペックだった。あの頃は若夫婦だった両親もスレンダーだったし。
 356cc、16馬力ですって。(あの時代の)園児にしてローギアだのチョークだのオーバーヒートだのというコトバを覚えたわよ。それから3、4年、家にあったと思う。そして刷り込まれた、「ウチのクルマば水色の丸目ライトのクーペ」、でしょ。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »