当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月20日 (木)

ブルグミュラー

 中学でドロップアウトしてしまったピアノレッスン。
だけれど今もピアノを弾くのは好き。難しい曲は弾けないけれど、弾きたい曲を好きなときに弾ける(夜中はダメよ)楽しさ。

 16歳男子のピアノは彼が10歳のとき、親子三人でああでもないこうでもないと弾き比べながら選んだ。私は力がないが、男児はパワフルということで、キーが重め。高校男子になった今では、彼と私とでは同じ曲を弾いてもかなり音量が違う。

 先日。短い里帰りで、1年ぶりに弾いいた私のピアノ。小学2年生だったか、初めてピアノが我が家に来た日のことは忘れられない。学校から帰ると、応接間から note と音がした。ビックリして行くと、母がアップライトピアノの前に座っていた。サプライズギフトだった。

 本棚には昔習った楽譜が残っている。久々に開いてみた『ブルグミュラー』。あんなに鬱陶しかった教本が、今弾いてみるとなかなかいいじゃないheart01   アメリカに持ち帰ろうかと思ったが、また来たときに弾けるよう、本棚に戻す。Amazon USで探して、CDつき9ドルくらいの楽譜をWish Listに入れた。ピアノもバイオリン教本も、今はたいていCDがある。ネットで動画も見聞できる。私の時代は、たいていの練習曲はレコードも買わなかったけどなあ。

 たまちゃんはピアノとバイオリンが好きで、練習が始まると外遊びから帰ってくる。
 16歳男子はピアノとバイオリンのレッスンは好きだが、練習は嫌い。

Img_2179    Img_2181

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年6月18日 (火)

スカンキーたまちゃん (涙)

 シリコン谷にはスカンクもおりまして、ちょっと山懐に近い住宅地に住んでいる友人の家を訪ねたときなど、年に1回くらいは「スカンク、やられた?sweat02」「うん、ゆんべsweat02sweat02」なんてことがある。映画やドラマとかで見るけれど、直撃弾は涙では済まない強烈さという。

 わが家のあたりは平坦部の住宅地で、アライグマやらオポッサムやら、最近はハクビシンも出没するのだが、スカンクはいないと思っていた。思っていただけで、今振り返れば×1 引っ越してきた当時から、午前中に屋外一帯に形容しがたいニオイが漂っていることがあった。今振り返れば×2 それは1週間くらい続いていた気がする。友人宅で嗅いだニオイが至近距離だったとすると、うちのあたりに漂っていたのは拡散後の濃度10%とかだったから、スカンクと気づかなかっただけらしい。

 慌しい一時帰国から帰米した翌日。朝ごはんだったか昼ごはんだったかを食べて遊びに出たたまちゃんが、ほどなく戻ってきて家に入らず、熱心に顔を洗っていた。「ご飯食べたばっかりなのに、外で何か食べてきた??pout」。ところが。ずっと顔を洗ってる。ず~っと洗ってる。1時間、洗ってる。様子を見に近づくと・・・・・くっさーsign03
 
 

 直撃でなかったらしいのが唯一の救いではあったが、二晩ほど誰もベッドルームに入れてくれず、三日ほど元気のなかった スカンキーたまちゃん であった。

Img_2214

追記 スカンクの写真を見たら、鼻筋が白い。
    ハクビシンは鼻筋が白いからハクビシン。ハクビシンもスカンクの仲間らしい。
    ということはスカンクではなく、ハクビシナー(ハクビシニー?)たまちゃん、かもしれない。
    どっちでもいいけど、もう渡り合うのはやめてくにゃさい。

人気ブログランキングへ       ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年6月17日 (月)

7泊9日 日本の旅

Img_2247
 諸般の16歳男子の夏の都合により、(昨年母が)マイルで取ってあった3週間の一時帰国の予定が、1週間、まるで海外旅行(間違ってはいない)に短縮、いや凝縮され、7泊9日アジアンツアー無事終了。

 リムジンバスの座席の背で迎えてくれた、またたびくんのユルさに癒され、それしか見るものがなかった封切映画「聖おにいさん」のユルしに癒された、16歳男子とその母であった。

Stoniisan


人気ブログランキングへ   

    ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年6月 6日 (木)

セキュリティーサービス バージョンアップ

ちょうど一年前の6月、当館(我が家ともいう)フロントゲート(玄関先ともいう)に設置されたセキュリティーガード(「門番 玄関番 下足番 セキュリティーガード または招き猫」ともいう)。近所の同業者(猫たちともいう)から羨望のまなざしを向けられていると小耳にはさんだり、さすがに1年間風雨に耐えてきてメンテナンスの必要も出てきたため、このたびめでたくバージョンアップとなった。

20120806_001_3


Before
ダンボール箱
記事 http://emico.cocolog-nifty.com/21/2012/08/post-5792.html 

 

 

                   After ビンテージ薪木の木箱2013063_2

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ   

   ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »