当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« Harry Potter and the Half-Blood Prince | トップページ | 伯父のこと »

2009年8月13日 (木)

駅弁

先日、夏休みで一時帰国したときのこと。
電車の中で12歳男児が質問した。
「駅弁って、なあに?」
あらららら~
そうか、忘れちゃったんだね。それと漢字を覚えたので、「弁」がつくのは「大阪弁」「薩摩弁(篤姫見てたのでね)」系で、言葉のことかと思ったらしい。駅員さんが話す鉄道弁、てか?? coldsweats01

しかしねえ。中学生サイズの男子、どう贔屓目に見ても海外の香りのしない母子の会話なのに、「駅弁って、なあに?」、「駅で売ってるお弁当」・・・・・。周囲はどう解釈したんだろう。今時、幼稚園児だって駅弁は知ってるでしょう。

帰米し、顔から火が出たことなど忘れた頃。祖母から孫へ封書が届いた。「これが駅弁です」と、雑誌の駅弁特集の切り抜き happy01 happy01 happy01


駅弁駅弁。


日を置かず、ふらりと立ち寄ったGOOD WILL(寄付された中古品を安く売る店)で。なんとまあ、懐かしいものに出会ってしまいましたよ。
信越線横川名物おぎのや「峠の釜飯」の、お釜・蓋つきsign03

2ドル49セント coldsweats02

bell高値で取引されておりまあすう。


夏だ 駅弁だ クジラだ ポチッ となnote  人気ブログランキングへ

« Harry Potter and the Half-Blood Prince | トップページ | 伯父のこと »

コメント

おもしろ〜い!
確かに、アメリカ育ちの子って、日本の子には常識な言葉を知らないですよね〜
今は、駅弁だけじゃなくて、空弁(くうべん)にも人気があるそうですね。

ランキングのクジラさん、かわいいheart

りりさん
語彙がないのはいたしかたないのですが、日本で、公共の場で堂々と問われると、顔から火を噴きますねえ happy02
「ニッポンのタクシーは豪華だねえ car」という名言もあったなあ fuji

airplane 空弁。今は「そらべん」というらしいよ。かくいう私は知らなかったので、ググったんですう sweat01

わかるわかる~

うちもタクシーで、
「お母さんっ!ドアが開いたっ!!!」って。
運転手さんは「はぁっ?」って顔で、、、
うちもどこからどう見ても普通の日本人母子ですもの。
顔から火が出ましたわ (;´Д`)ゝ

電車の中で英語の宿題をしている時、息子の手にある英語の本を見てギョッとされる方も多数。。。
「す、すみません、どう見ても普通の日本人ですよね」
と心の中で謝ってしまいます(*v.v)。

先週は我が家も峠の釜飯食べました。シンクロだね(o^-^o)
そういえば、うちも駅弁の説明から始まったわ

アメリカ在住時、夫が日本出張のおみやげ(?)に、峠の釜飯のお釜を持って帰ったことがありました。たぶん娘に「駅弁って知ってる? このお釜はネ・・」とか教えたかったんだと思います。

本帰国の際、そのお釜(蓋つき。アメリカでは未使用coldsweats01)、どうしただろう。日本行きの荷物に入れた覚えはなく。どうもなんか、GOOD WILLだったかSALVATION ARMYだったかに寄付したダンボールに入れたような気がしなくもなく・・

せびさん
>電車の中で英語の宿題をしている時、息子の手にある英語の本を見てギョッとされる方も多数。。。
いえいえ、せびさん母子ならガイジンサンに見えるかも。
kissmarkお口にジップsign04、していれば happy01

ああん、峠の釜飯、食べたい~pig

Yukoさん
ややっ、もしやあの蓋つきお釜は、お宅の寄付釜か??!

あれを買うヒトは、どういう使い方をするんだろうねえ。
クラムチャウダー。シリアル。サラダ。植木鉢とか・・・coldsweats01

もちろん座った瞬間から日本語でべらべら喋ってますって~(笑)

峠の釜飯、キャンプの帰りに思いつきで買って帰ったのだけど、13日なんだよね。
なんとブログのタイムスタンプが13日なんだよ。∑(゚∇゚|||)

おかあにゃんの
  「釜飯食べたい~~~」
という思念をキャッチしてしまったかも???

せびさん
おー、立派なシンクロだねー。それほど強い念でしたか、ワタシの「釜飯食べたい~~~」はsign03 happy02

ところでGOODWILLの「おぎのや」のお釜、なくなってましたよ、今日行ってみたら happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Harry Potter and the Half-Blood Prince | トップページ | 伯父のこと »