当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

11歳11カ月

ある朝のこと。
11歳男児が叫んだ。
「ママー、このズボンブカブカズリ落っちゃううう~ (T-T)

えっ? そんなはずはない。最近買ったズボンはないから、いつもはいているジャストサイズのはず。

「えーっ、どれどれ・・・・」

ごめん。それ、私のジーパンだわ ( ̄◇ ̄;)
最近は紛らわしいので、裏側にイニシャルを書いてある。

筍のように伸び続ける息子。
同級生と並ぶとアタマ一つ分、高い息子。
そして。私よりウエストは細いのに、股下が長い息子。ううっ

体 重     彼<私
身 長     彼≒私
股 下     彼≒私
 
(まだ「>」にしない母の見栄)
足の大きさ  彼>私
手の大きさ  彼>私
英語力    彼>私

2009年3月17日 (火)

Book Fair

 先週は11歳男児のMiddle SchoolのBook Fairだった。小学校でもあったが、図書館で本の展示販売をする。すべての運営はPTAで、売上はPTA活動資金になる。スタッフはPTA有志のボランティアで成り立つ。
 学校の様子を知りたいので、英語力を問われないボランティアにはできるだけ参加することにしている。しかし去年までいた小学校でも、このBook Fairは名乗りを上げられずに通り過ぎてきた。準備から当日の販売まで、コミュニケーション必須と思われたからだ。お金に関わることだし、生徒に質問されてもアメリカの本のことはさっぱり知らないし・・・。

 小学校と違い、中学になると親が学校に入れる機会はほとんどなくなる。かわいいカワイイ11歳男児が気になって仕方のない親馬鹿は今年、一大決心をしてBook Fairのボランティアに臨んだ。5日間のFairのうち月曜から木曜まで、朝の始業前販売も含めて計6回のお手伝いをした。驚いたことに、小学校と違ってボランティアは超人手不足。4つの小学校から生徒が進学してきて、生徒数は4倍になっているはずなのに、親のボランティア数は四分の一にも達してない。そこに立っててくれるだけで大助かりよ~、というわけで、さすがにレジは辞退して、文房具とポスターを担当した。Book Fairであるが、そういう物もけっこう売れる。

 なかなか面白かった。ほほう、こんなモンが人気なのね。

pencil 30センチくらいのグニャグニャ棒状消しゴム

20081122twilight1slate ティーンに人気の映画 Twilight のポスター

 11歳男児によると、クラスで買ってきた女子がポスターを開くたびに「きゃ~っheart01」と奇声が上がったそうな

 

Haunting_2 book City of the Dead 
  (A book in the Haunting of Derek Stone series)

 今年1月発売のペーパーバック。Amazonで見ると対象年齢9~12歳となっているが、中学生11~14歳に飛ぶように売れていく。初日は即売り切れで、ホールディング(取り置き)受付となり、翌日からも新たに入荷した分がたちまちはけていく。
 ふーーーん。ミーハーな私は、もちろん買った。まだ読んでないけどね。

2009年3月 6日 (金)

虹の根っこ

カリフォルニアは雨季。
晴れたりやんだりの毎日が続いている。
一昨日のこと。天気雨の中を車で走っていたら、二重の虹の正面に出た。
内側の虹はくっきりとして色も鮮やかだ。そして。
なんと、虹の根っこが見えるではないか!
ちょうど買い物があったので駐車場に入り、広く空いているエリアで虹に向けて車をとめ、虹に見入る。それなりに大きな虹なのに、前方500メートルほどの所で虹の左端が地面に到達している。その場所の建物と立ち木に、虹の色が「乗っている」のである。あるいは、そこから虹が「生えている」といったらいいか。さらに。
虹の右端を見やると、もっと近くから「生えている」。右手200メートルほどのガソリンスタンドのはずれから!!

空にかかる虹を端から端まで見たのは、生まれて初めてだった。

虹はイエス・キリストとの約束の印だという。

虹の根元に、宝物が埋まっているともいう。

そういえば、絶対に見つからない宝を隠しているというイギリスの妖精「レプラコン」ゆかりの行事、セント・パトリック・デーも近い。

コンクリートの下にお宝はないだろうけれど、虹の根元は、ほんとうにあったんだ

2009年3月 3日 (火)

どろんこたまちゃん

 シリコン谷は恵みの雨が続いている。断続的に。
 猫のたまちゃんcatは自然児なので、雨だって遊びに出たい。雨だって遊びに出ないと気が済まない。なので出す。
 雨の中は走れば濡れない、とcatたまちゃんは思ってる。
 なので戸を開けると雨の中、ダーッと走っていく。
 けれど走ったって雨の中だから、catたまちゃんは濡れて帰ってくる。
 足も泥んこ。家の出入口にはすべて泥足用タオルが敷いてある。
 それでも足跡ペタペタするので、泥足たまちゃんcatは取り押さえられる。
 濡れた体と泥んこあんよをゴシゴシされる。
 それは大キライ。
「あーにすんだ やめれー ひとでなしー ねこいじめー」
 と無言の抗議をする。がぶがぶっannoyleoannoy
 そんなん、ちっともコワクないぞ。paperゴシゴシゴシpaper

 毎回おんなじことを繰り返す、cat猫のたまちゃんと、leotaurusleoその家族(獅子座父・牡牛座男児・獅子座母)。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »