当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« Quilted Bath Tissue | トップページ | 夏休み »

2007年6月12日 (火)

アメリカのトイレ事情

たまちゃんが入りびたっているQuilted Bath Tissue Centerの補足説明です。

 アメリカは西洋圏ですので、バスルームというとお風呂・洗面所・トイレがワンセットになっているのが一般的です。トイレ使用中に誰かが「トントン」とノックしても、「トントン」とお返事しようにもドアは遠いところにあって届きません。という理由からなのだと私は考えているのですが、バスルームのドアが閉まっていれば使用中、という合図が一般マナーとなっています。ですので、わが家も未使用中のバスルームの戸は開放状態。当然たまちゃんも出入り自由。いつでもロールプレイング・ゲームができる、というわけです。

 わが家には日本製のトイレットペーパーホルダーもあります。しかしアメリカのトイレットペーパーは巻が太くて、カバーにもなるトイレットペーパーホルダーが付けられません。代わりにハンカチなどかぶせてみましたが、そんなの敵じゃないたまちゃん
 そのうちに「トイレに行くときは、戸棚からペーパー持参」の家になるかも。(T_T)

« Quilted Bath Tissue | トップページ | 夏休み »

コメント

あ、そーかぁ~! だから入り浸れるワケですねドラ息子ちゃん。「2回目からは巻き戻して…」にご苦労が感じられましたが、確かに毎日遊ばれては営業に支障が…ぢゃないけどタイヘンだ。でもでも叱れない~こんなカワイイ子にはっ! どうですか?? やっぱ持参か…。

EMさん
あれから2ヶ月。たまちゃんは相変わらず、スキあらばロールプレイを楽しもうと手を出しています。が、しか~し! 長く猫父(夫ともいう)と父子生活(留守番ともいう)をしている間に、猫父がディフェンス技を会得しておりました。ペーパーの端が壁側に出るよう、ロールを反対巻きにセットすると、損害が著しく減りました。やられないわけではないんだけど、少なくとも1ロール全滅はなくなった。。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Quilted Bath Tissue | トップページ | 夏休み »