当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« School opens | トップページ | たらこ・たらこ・たらこ »

2006年8月28日 (月)

香りの記憶

 9歳男児のタオルケットを洗濯して乾燥機にかけたのを忘れていた。
 彼がベッドに入ってから気づき、あわててガレージの乾燥機から取り出してきて、彼にかけた。タオルケットを顔まで引き上げて、彼がいった。
「ママ。ボクが子どもの頃(まだ子どもでしょうが。。。)、パパのスーツとか、アイロンかけてくれたりしたところがあったでしょ」
 ??? 一瞬考えて、横浜に住んでいたときの近所のクリーニング屋さんのことだとわかった。
「あそことね、おんなじにおいがする。なつかしいなあ。また行きたいなぁ」
 私もタオルケットに顔をうずめてみる。乾燥機の熱がさめきっていない。そのせいかクリーニング店の、むわっとしたような、洗剤とアイロンの入り交じったような香りがかすかにした。

 あの店は、今井クリーニングといった。夫のワイシャツを大きなペーパーバッグに詰めて、赤ん坊を抱えたり背負ったりしてドライクリーニングを出しに行った。ほどなく、ベビーカーを押して坂道を下って行くようになった。やがて、頑是無い男児の手を引いて行くようになった。男児はいろいろと、おじさんやおばさんと話をするようになった。そして、男児が園児になると、私は一人でクリーニングを出しに行けるようになった。おじさん、おばさんとはまた、挨拶程度の会話に戻った。

 今日もあの店では、おじさんがランニングシャツ姿でアイロンをかけているのだろうか。
 いつの日か息子も、ペーパーバックをかかえてクリーニング店の店頭に立つのだろうか。その店はアメリカなのか、日本なのだろうか。

« School opens | トップページ | たらこ・たらこ・たらこ »

コメント

御曹司くん、未就園児だった頃の記憶があるのねえ。香りとともに、その場の雰囲気、人とのふれあい・・なんかがちゃんと残っているのね。素晴らしいわ。

娘にそんな記憶はあるのだろうか・・

ちなみに私はクリーニング屋は必要最小限しか利用したことなく、娘を連れて行った記憶もありません(^^;)

御曹司くんが将来かかえるペーパーバッグの中身は何ですか? 宇宙服だったりして?

PS. アメリカの4年生への進級おめでとう!

Yukoさん 未就園の頃のことを話すとき、必ず「ボクが子どもだった頃」というので楽しいよ、(^^ゞ
アストロノートがクリーニング屋に宇宙服を出しに行く。。爆笑!
お、いやいや、彼らがおぢさん・をばさんになる頃は、アストロノーツのみならず一般市民も宇宙服を着られるかもしれないもんね。
あ~、だけど9歳男児は大きな音とローラーコースターが苦手なんだった。(^◇^;)

ちょっと!ちょっと!ちょっと!
また、シンクロしたーーーーーっ。一昨日、裏の笹藪にお水をあげていて、セメントに水がしみこんでいくときのあの香りが、夕立ちのときの大粒の雨が道路にポツポツとおちて吸い込まれているときのそれとそっくりで、妙になつかしくて、いろいろなことを思い出したの。
香りの記憶から思い浮かぶ思い出たち、、なんとノスタルジックな。。。
そしたら、同じ話題がここに、、、
やっぱりあれだわ。双子霊健在だわ。

おきりちゃん。。。おきりちゃん。。。。。おきりちゃん! やさ、おきり~っ!! 大見得きってどうする。。。
夏の終わりの怪談は、とりわけゾクゾクするぞ。あまりのコワさに何と切り返そうかと思案しているうちに、畳みかけるように次なる怪奇現象がぁっ! ぎゃあ~~っっ!! 続きは、おきりちゃんちに行って書くね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« School opens | トップページ | たらこ・たらこ・たらこ »