当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 8歳男児の絵日記より | トップページ | 8歳男児と母 »

2006年3月 2日 (木)

馬馬虎虎

 きりりさんのブログで知った「馬馬虎虎」という中国語。これを車に書いて走っているというTaiwaneseの方の心理を探るべく、ネット徘徊。集めた情報を物語風に、つーか、私好みの展開にまとめてみました。大筋は故事通りだよ~ん。

 昔々、中国のという国のお話です。あるところにチャランポランな画家がいました。でも画家なので絵を描いていました。ある日、馬の絵を描いていたら、絵の注文が入りました。ご近所さんの成金長者実力者が、ごっつカッコええ虎の絵を描いてんか、というのだそーです。
 けれどチャランポランな画家です。最初から描くのが面倒くさかったので、ちょうど書きかけていた馬の絵の、「後ろに」と伝えられてますから体の部分なんでしょうかね、とにかく後ろに虎を描いて、出来上がりとしました。実力者がこれを見ても、ごっつカッコええ虎とは思えず「なんじゃ、こりゃ?」と聞きました。画家は自分でもよくわからんので、その場しのぎに「馬馬虎虎」と答えました。実力者は「このボケ! 二度と頼まんわい!!」といったかどうかはわかりませんが、怒ってその絵はお買い上げになりませんでした。そして画家は・・・

でも画家なので、せっかく描いた作品だからと、その「馬馬虎虎」を家の壁にかけておきました。と、画家の長男がやってきて、父に問いました。「ダディ。コレハ、ナニデースカ?」「虎あるよ、マイ・サン」
 今度は次男がやってきました。やっぱり兄と同じDNAを持つ弟ゆえ、「ダァーッド、コレナニアルカ?」と問いました。画家は、またまたいーかげんに答えました。「馬、知っとるけ? マイ・ヤンガー・サン」「シットルゾナモシ」
 長男の甚六を絵に描いたような(何しろ画家の息子ですからね)長男は、父の言葉を鵜呑みにして信じきってしまいました。そのため外出先で馬を見たとき「虎だっ!」と早まって、弓で射殺してしまいました。「ワレんとこの○○がやりよってん」と、馬の持ち主がたいそう憤慨して乗り込んできて強請(ゆす)るので、画家は多額の弁償金を支払わなければなりませんでした。
 知ったかぶーの次男は外出先で虎に会ってしまいました。虎に会える中国の外出先って、どこあるね? ともあれ、「馬ぞなもし」と思った次男は虎に乗ろうとして虎パンチをくらって即死だったらしいです(故事にはかみ殺されたとありますが、独断で虎パンチに伝承をねじ曲げてしまいましょう)。南無。
 さすがにチャランポランな画家も嘆き悲しみ、我が身のいい加減さを反省し、こんな詩を詠みました。

馬虎図 馬虎図 似馬又似虎 長子依図射死馬 次子依図暑∠ケ虎 草堂焚毀馬虎図 奉勧諸君莫学
馬虎図馬虎図、馬に似て、また虎に似て。長男はこの図で馬を撃ち殺し、次男はこの図で虎にかみ殺された。わたしはこの馬虎図を焼き捨てた。諸君に告ぐ、私にならうなかれと。

Tiger 虎の絵のお話でも、一休さんとはまったく正反対の教訓話(?)ぞなもし。

 というわけで馬馬虎虎。故事からの意味は「いいかげん」「おざなり」ということらしい。しかし、きりりさんの台湾人のお友だちは「気楽にいこう」とか「ぼちぼちでんな」という意でお使いらしい。なるほど。ちょうど本日、美容院に行ったので、広東出身の中国人美容師さんにも意味を聞いてみました。なんであんたがそんな言葉知ってんの、と驚かれつつ「いい言葉じゃないよ。英語のso-soって感じ。ワルイ。イマイチ。アキマヘンナ~」とのことでした。
 そうそう、日本人はso-soの使い方を間違いやすいそう。そう、勘違い英語を介したために馬馬虎虎so-so ぼちぼちでんな、に変わっちゃったそう。。。。。というのはウッソぴょ~ん。言葉の意味なんて、たくさんあるぞう。まあまあ、そうそう、馬馬、宋宋。。。。。(^◇^;)

« 8歳男児の絵日記より | トップページ | 8歳男児と母 »

コメント

ごっつおもろい話しでんな~。パチパチ(拍手)
ワタシ的には、”ごっつかっこええ虎”がツボでした。(^ー^)/
そうそう、ドラ&タイガー見たい?

”ごっつかっこええ虎”どこかでみたことある顔してるんだよねえ。ディズニー映画だったかなあ。
ここまで完璧に物語り仕立てにしてもらったら絵描きの父さんも浮かばれるってもんだろ。おかあにゃんをどん兵衛師匠とよんでも良いですか?わたしゃ、どん太でよござんす。Seviちゃんは、うどんあたりで、手をうってもらえるかい?

え~、うどんっすか?
姐さん、それはないっす。うどん兄貴なんてとんでもない。
わたしはもちろん一番の下っ端(だけど一番態度がデカイ)の小虎です。

そうそう、この写真の虎さんはディズニーの虎でしょう。え~っとなんて名だったっけなぁ。声は思い出すんだけど。

おっとSeviちゃん、そのうどん、断っちまったの? 惜しいねえ。うまそうだねぇ。手前が食っても、よござんしょうか? おっ、ありがてぇ。んじゃ、馳走ンなるよ
(ぱちんと箸を口で割り)ずずずずぅ~、ずるずるずるぅ~っ。。。くぅぅ~、うどんは手打ちに限る。
あわわわ、虎の旦那、そんなおっかない顔しなくたって、あげますあげます。ほ~ら、ア~~ンって、でっけぇ口だねぇ、これじゃ「わんこウドン」だよ。えっ? ワンコロじゃない、ジャングルの嫌われ者シア・カーン様だって? ここだけの話、旦那、あんまり知られてないみたいっすよ。そんなん知るかーん、って。。。。 ( ̄◇ ̄;) 

え、、シア・カーン様なの、、?
ティガーかと、、。
あ、こちらでは始めまして。
ちょっと緊張しております。

Seviちゃんに突っ込もうと思ってやってきたら、ゆみたちに遭遇!ここで遊んでると楽しいから一緒に遊ぼ!

Seviちゃんが泣きの涙で断ったうどんで吊ったシア・カーン!ひとめ見たさに師匠の家に、はせ参じたのが昨日の午後でぃ!ところがどっこい師匠の家にゃ、あがりかまちに見料箱!そこから並ぶくにゃりくにゃりの長い蛇。熱帯雨林に住むという嫌われ者の人食い虎を一目見ようって了見の人人人の列ときた!人食い虎を見たさに並ぶ見料握った人の列!これぞほんとのふぃーらいん(feline)!おあとがよろしいようで!

わっ、ゆみたちさんだ。お立ち寄りくだすってありがとう。まあまあまあ、お楽にどうぞ。あ、お茶いかが。( ^-^)o旦~~ 
で、なんだね、なんかいいね、ティガー。既にわにゃしの頭ン中では、ジャングルブックの敵役が「三木のり平顔のひと喰い虎」イメージに置き換わってしまったよ。わははは。 

あらやだよ、きりりちゃん、あんたから見料なんてとれないさね。いってくれれば裏からスイッと入れてあげたのに。(あああ、そこの坊、手を出しちゃダメダメダメ。この線から入っちゃあイケナイよ。あああ、押さない押さない押さない)
えっと、そうだよ、きりりちゃんも奧へあがって一服していっておくれ。ゆみたちさんもおいでだよ。Seviちゃん、もう帰ったかい? あ、「ドラ&タイ」持って、また出直してくれるって? そりゃありがたい。
しかしなんだねぇ、きりりちゃんも、笑かしてくれるねぇ、ふぃ~らいん! よしとくれよぉ、あたしゃ商い中なんだよぉ。。。にゃっ、にゃはっ、にゃはにゃは、にゃははははははは~っ!
(あああ、こらこらこら、そこのばあちゃん、見料見料見料!)

確かに3回繰り返してるねえ(^^)>「こらこらこら」「見料見料見料」などなど

うほほほ、さすがYukoさん。じっくり読んでくだすって、ありがとう。v(^_^)v
「どれどれどれ」とか「早く早く早く」とか、まだまだまだあります。(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141241/8931360

この記事へのトラックバック一覧です: 馬馬虎虎:

» 馬馬虎虎 [October Sky]
Taiwaneseの友人の車にはなぜだか「馬馬虎虎」という文字が書かれている。 しかも勘亭流(歌舞伎の看板に使うような文字)のような書体で大きくしっかりと。もちろんデコトラに乗っているわけではないのだが。 あるとき彼女に聞いてみた。読み方は「まぁまぁふぅふぅ」と...... [続きを読む]

« 8歳男児の絵日記より | トップページ | 8歳男児と母 »