当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

一時的な不具合

今日の気分はナタリー・ドロンとかリンクとかがどでかい文字で表示されるのは、美人マダムの自己顕示ではございませんのよ。ブログ管理のメンテナンス作業完了後、デザインが崩れるなどの不具合が生じているようなの。ごめんあさぁーせン。

4月1日 やっとでかい態度が元に戻りましたの。
      あら、エイプリルフールではないことよン。

2006年3月27日 (月)

タミフルとサイエンス・フェアと♪パローレ♪と

 今日も朝から美人マダムのキッチンには♪パローレ♪が流れておりますのよン。Rien ne t'arrête quand tu commences.
 あれから結局、8歳男児は先週、月曜~金曜まで学校をお休みでしたの。ドラえもんスター・ウォーズ三昧の毎日でございましたわン。「インフルエンザだと怖いかしらン?」と小児科にかかりましたけれど、老先生も「念のためタミフル、出しておきましょう」っておっしゃって。。。。。ええっ?。。。検査はナシですのン? 日本の小児科では5年前にしていただきましたけれどン。15分で白黒出るのですけれどン。しかし、老先生は旧式なままなのかもと思うと問いつめることはできませんわ。処方箋持ってドラッグストアに行き、タミフル買って帰り参りましたのよ。高価なお薬ですのねン。

続きを読む "タミフルとサイエンス・フェアと♪パローレ♪と" »

2006年3月23日 (木)

甘い囁き

Alain  おかげさまで朝から美人マダムの気分ですわ(気分だけ)。♪パローレ パローレ パローレ♪ですわ。こんな風に囁かれてみたいものですわ。あ、いえ、バカボンのパパにではなく、世紀の美男子に(今どき聞かなくなった言い回し)ですわ。。。。。

Paroles paroles (Dalida & Alain Delon)
http://www.geocities.jp/eigo21com/pops/prl1.html

Those were the days 甘い囁き(パローレ・パローレ)
http://www.eigo21.com/03/pops/ze19.htm

2006年3月22日 (水)

大塚図書と発熱とサイエンス・フェア

 シリコンバレーの名士・大塚先生の私設無料図書館「大塚図書」には、いつもお世話になっています。8歳男児は最近、こちらでマンガを借りることを覚え、先週土曜の開館日にも、しこたま『ドラえもん』を借りてきました。情けない親心で、マンガでも日本語を読んでくれればと、まあまだドラえもんなので好ききなようにさせてしまいます。
 先週土・日は現地校サイエンス・フェアに出す研究発表の仕上げをしなければならなかったのですが、日曜日から腹痛など不調を訴え始めた8歳男児。「明日やるから」という言葉を信じて放免したら・・・・・その夜から発熱。月~水の3日間、学校休んでドラえもん三昧です。

続きを読む "大塚図書と発熱とサイエンス・フェア" »

2006年3月18日 (土)

あなたのバカボン度は?

 ブロ友(何でも作っちゃえばいいってもんでもないだろうに、ブログ友だち、なんだけどね)のきりりしゃんが今年、バカボンのパパより年上になるのだと書いているのだ。ふ~ん。で、バカボンのパパは何歳なのだ?って調べてたら。。。。。みつけてしまったのだ。赤塚不二夫公認サイト「これでいいのだ!!」。 そういえばワシは、ニャロメとケムンパスの絵が得意な小学生だったのだ。そんなことを懐かしみながらやってみたのだ、バカボン度テスト。結果は・・・

続きを読む "あなたのバカボン度は?" »

2006年3月15日 (水)

8歳男児。。。手遅れじゃ

wakimaru 本屋でみかけた一冊。
8歳で脳は決まる! 子どもを救う父親の力』
4年前なら買ったかもね~。
来月9歳。手遅れじゃ~。(T_T)

読んでないのに紹介するのか? (^◇^;)

続きを読む "8歳男児。。。手遅れじゃ" »

2006年3月 8日 (水)

8歳男児と母

ほらほらほらコラコラコラダメダメダメあらあらあらまだまだまだウソウソウソそうそうそう

ママは3回、繰り返すby 8歳男児

2006年3月 2日 (木)

馬馬虎虎

 きりりさんのブログで知った「馬馬虎虎」という中国語。これを車に書いて走っているというTaiwaneseの方の心理を探るべく、ネット徘徊。集めた情報を物語風に、つーか、私好みの展開にまとめてみました。大筋は故事通りだよ~ん。

 昔々、中国のという国のお話です。あるところにチャランポランな画家がいました。でも画家なので絵を描いていました。ある日、馬の絵を描いていたら、絵の注文が入りました。ご近所さんの成金長者実力者が、ごっつカッコええ虎の絵を描いてんか、というのだそーです。
 けれどチャランポランな画家です。最初から描くのが面倒くさかったので、ちょうど書きかけていた馬の絵の、「後ろに」と伝えられてますから体の部分なんでしょうかね、とにかく後ろに虎を描いて、出来上がりとしました。実力者がこれを見ても、ごっつカッコええ虎とは思えず「なんじゃ、こりゃ?」と聞きました。画家は自分でもよくわからんので、その場しのぎに「馬馬虎虎」と答えました。実力者は「このボケ! 二度と頼まんわい!!」といったかどうかはわかりませんが、怒ってその絵はお買い上げになりませんでした。そして画家は・・・

続きを読む "馬馬虎虎" »

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »