当地、現在の

  •  猫気分  CA時間

たまちゃん

  • Img_09843 

きょうの時事英語

twitter

無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土)

8歳男児

 現地校の通学に使っているバックパック。たまにお持ち帰りコレクションが入っています。キンダーの頃は頻繁に石コレクションが運ばれてきました。それも綺麗な石、特別な石というのでもなく、コンクリートのカケラだったり。 ( ̄◇ ̄;)
 昨日、久々に驚かされたお持ち帰りの品。長さ30センチ、直径2センチほどの木の枝がコロンと1本入っておりました。何の変哲もない、どこにでもあるような木の枝ただの棒切れ。・・・・・犬、ですか君は?

2006年1月26日 (木)

1月の会話

 息子にとって1月は、クリスマス・プレゼントをためつすがめつ(漢字変換すると「矯めつ眇めつ」・・・)めでる(同「愛でる」)月。よほどウレシイんでしょうねぇ。うらやましいねぇ。

 車を運転しながら聞いた、息子の友だちと息子の後部座席の会話。
友人「○○君はサンタさんからレゴ・デススターとレゴ・○○をもらったんだよ」
 (えっ? 二つも? それにデススターって2万円くらいするじゃん。困るよ、ダメだよ、サンタさん!)
息子「え~っ、いいなあ。でも二つって、兄弟の分も合わせてでしょ?」
友人「うん」
 (ほっ・・・。息子よ、うまいとこ、突いてるぞ)
友人「でもね、ボクなんかサンタさんから十個ももらっちゃったんだぜ」
 (え゛ーっ! 反則だよぉ、サンタさん!!!)
息子「すげ~っ! 何、頼んだの?」
友人「何も頼まなかった」
息子「あ~、だからサンタさん、何あげていいかわかんなかったんだ
 アナタの母でよかった。

2006年1月25日 (水)

オペラ座の退陣

 一週間のご無沙汰です。← って決まり文句を知ってるアナタ熟成してきてますね。(^。^;) わたくしはとうとう先日、車で『オペラ座の怪人』サントラCDをかけたとたん「もう厭きた。やめて」と息子に宣言されました。オペラ座の退陣。
 そんな折り、ママ仲間から回ってきた日本のドラマ録画。一週間のご無沙汰(くどいぞ)の理由はそれ。見始めちゃったら、かっぱえびせん。ここ数日は大げさな音楽ではなく、美しいストリングスがエンドレスで流れております、わたくしのアタマん中で。運転しながら意味もなく、ふうっ、とタメ息ついてみたり。でもねぇ、手を洗ったついでに見る洗面所の鏡の中にいるのは、天海祐希じゃなくてドタバタ喜劇のおばちゃんふうっ・・・
 明日くらいに最終回(自己管理プログラムね)に突入する『ラストプレゼント』(涙・涙)。その次はバリバリ腕まくりできるように『ドラゴン桜』(元気・元気)がスタンバイ。いずれも時代の波には、たっぷんたっぷん乗り遅れております。

続きを読む "オペラ座の退陣" »

2006年1月18日 (水)

オペラ座のおばちゃん

GerardButler  こんな怪人にならさらわれてみたい・・・なんて夢見るおばちゃんしていたら、夢見てしまいました。さらわれる美人おばちゃんではない。スワロフスキーの巨大シャンデリアがどしゃ~んと降ってきて、下敷きになるおばちゃん・・・。うつ伏せになって身動きできないまま、何故かどこも痛くはないのだけれど(夢ですもの)、「あーれー、何でわたくしだとこうなるの~? ヒロインじゃないの~?」と考えてます。「そうか、わたくしはこれでは死なないのよ。これが魂の入れ替わる時だったんだ」となぜかサイキックなことも考えます。重ね重ね何故か、運命を共にしてしまった、小学校の同級生のYちゃん。クラスのマドンナだった才色兼備の子だけど、卒業以来会ってないぞ。が、同じくうつ伏せのまま、わたくしの手を握って「そう。私たち二人は、砂漠で煙草を売るのよと、まったく意味不明のセリフをドラマチックに語る。まあね、前世で砂漠の民だったことはありそうなんだけど、なんで唐突に煙草なのぉ? 煙草とは無縁の生活なのに(だから夢だってば)。

続きを読む "オペラ座のおばちゃん" »

2006年1月16日 (月)

オペラ座の怪人

 学校に上がる前から大げさな音楽が好きでした。お気に入りはヘンリー・マンシーニ・オーケストラのレコードの『慕情』。シンバルじゅあ~んじゅあん、って感じ。
 中学の時は、音大のオルガン科に通っていた従姉妹の影響でバッハの『トッカータとフーガ』。昔の映画『オペラ座の怪人』を観たのも、その頃だったかな。この怪人は『トッカータとフーガ』を弾くオルガンの名手だったと思う。
shand  ↑んなあれこれ、すっかり忘れていたけど、先日ブロードウェーの『オペラ座の怪人』がロングラン記録を更新したニュースを見た。『キャッツ』の7485回を抜いて「現在もチケットはほぼsold-outが続いているそう」だ。ロングランを支えているのはリピーター人気。7486回目公演を見た人たちのインタビューでは4回、5回目というファンもいた。私はアンドリュー・ロイド・ウェバーの怪人は映画しか観ていないけど、リピートする気持ち、よくわかるなぁ。
 見捨てられ、廃屋と化したオペラ座。オークションにかけられた埃まみれのスワロフスキーの巨大シャンデリアが吊り上げられると・・・。

続きを読む "オペラ座の怪人" »

2006年1月14日 (土)

フォー様

数日前、ブログサーフィンしていて遭遇してしまいました。
わたくしのニュー・アイドル。その逞しくも麗しいお姿に、おばちゃん、もうクラクラ♪
君の名は、フォー様!
          ↑クリックしてね =(^ェ^)=

2006年1月11日 (水)

にゃんでかねぇ?

200601110001 これはブローチです。ほぼ原寸大です。貝殻に猫の顔を彫ったものです。夫から独身時代にもらった唯一の装飾品です(選んで買ってきたのはたぶん義姉)。例年、セーターを着る季節に着けます。ウルトラマンのピコピコ・シグナルのように、胸のまん中へんに着けます。今年もとうとう、ついに、やっとセーターに腕を通す気温になりました。
 で、ここ数日毎日着けているのですが・・・今年はやたらと声をかけられます。「あら、いいわねー」「あら、それなーに?」等々、やたら目を引くらしい。一日最低三回以上はいわれます。買物では8割くらいの打率でレジの人にいわれます。男性キャッシャーにもいわれます。なんでだぁ??? 当地にあってはティーンエイジャーに負ける胸の突き出し加減なので「見て見て!」という自己主張はしてないはずです、絶対に。セーターも地味だし、ブローチ自体が暗色の地味地味モノです。なんで目を引くんだぁ??? 例年、聞かれることは聞かれるけど、今年はその頻度が半端じゃないのです。なんでぇ???

2006年1月 6日 (金)

ぱふぱふぱふ

 元旦。夫と息子を映画館(『ナルニア国物語』)へ蹴り出し、私は家で一人愉しくDVD鑑賞♪ これだけは息子と一緒には観られない。むふふふふ。でへへへへ。その映画は・・・

続きを読む "ぱふぱふぱふ" »

2006年1月 3日 (火)

教えてあげないよ

 初夢、一カ所だけ強烈すぎて覚えてます。うふうふでへでへらっき~! マニュアル通りの富士鷹茄子ではなかったけど、こいつぁあ春から縁起がいいわいっ、てな初夢。
 でもね、夢って人に話すと正夢でなくなっちゃうのだとか。それは困る
 ので教えてあげないよ~ん。
 あなたは初夢、覚えてますか?

続きを読む "教えてあげないよ" »

2006年1月 2日 (月)

紅白

 新年早々、去年の話になりますが、です。アメリカで迎える大晦日は4回目でしたが、ウチのTVでも紅白が見られるのに気がついたのは2004年の暮れ、3回目の大晦日でした。健全ファミリーなので、ウチのTVには地上波放送しか映りません。てっきりケーブル局でやっているのだと思っていた、実は地上波でしたのよ。ぱふぱふぱふ(肉球拍手ぅ)

続きを読む "紅白" »

2006年1月 1日 (日)

A Happy Mew Year!

あけましておめでとうございにゃす。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげにゃすFukumanekiKagamimochu

続きを読む "A Happy Mew Year!" »

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »